日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

お知らせ事。

ひきこもごもの忙しい日々をすごしております。

 

わたしは正直言って10代後半~20代がどん底でして

思っていることも口に出来ず(人に対すると白痴のようになってしまう癖があった)

説明もうまくできないため、人にもほぼほぼ相手にされず

踊りも伸び悩み

仕事(場)も好きではなかった。

 

しかし。

会社を辞め、インドに行き、踊りの公演に全力投球するようになり

その中で自分の意思表示とか表現とかをしっかりしなければならなくなり

結果として他人軸では生きられなくなり

踊りの師から離れ

インドに行き、ヨガをし、いろんな人に会いに出向くようになり

自分でクラスをはじめ継続し、ブログを書き

コミュニケーションを重ねることで、

人と対しても白痴にならなくなり(自分でびっくりだよ!)

自分を表現するこであとでより自分の軸がはっきりするようになった。

それに伴い、もろもろの事象に対しても

はっきりした意見を抱くようになった。

 

そうすると、ちゃんと私の言って居ることを

聞いてくれる稀有な人にであえるようにもなった。

仲良しも増えた。

卵が先か、、、の世界ですが、、、、

だいぶ生きやすくなりました。

 

そして、現在は、まったくもってお金はないのですが

人には恵まれているなと感じます。ほんとうにありがたいことです。

毎日、生きるか死ぬかみたいな

綱渡り状態ですが、心は大安心に包まれています。

なんとかなるだろう。

 

そして、まがりなりにも30年以上続いた白痴時代に培ってきた

様々なことが、私を助けてくれるようになった。

今は、自分のもてる全てを使って生きている。

毎日、あぁ生きているなぁ!と思える。

こんな日々が来るなんてね。

 

また、踊りを再開しようとおもっております。

やりたいからです。

そして、もっ精密にヨガを教えることが出来るように

好き、なんですよね、ヨガも、キールタンも、マントラも、神も。

なので、継続していきたいとおもいます。

それから、

文章を綴ることは、私が唯一幼少期から続けている

表現方法であり、

ことばは私の最大の武器でもあると思っております。

これも磨いていきたいとおもっております。

 

そんなこんなな日々でございます。

 

来月は、インドに行ってまいります。

 

そして、このブログは7月中には閉鎖致します。

 

新しいブログ(になると思いますが)のURLは

近日中にこちらに公開しようと思っていますので、

ここを読んでくださっている稀有なみなさま

すこし辛抱してみていてください。

 

URLをお伝えしてほどなく、封鎖予定です。

 

私が日月日誌に負う所は大きいので、さびしいですが。

更にパワーアップしたいと思っております。

どうぞ、お付き合い下さい。

 

むかしカメラマン(彼氏とは別)がとってくれた写真がでてきたー!

前に居た会社の近くにある倉庫です。

今の方が身体は楽だし軽いし。

気持ちも軽い。

f:id:akikologue:20140714185456j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の出来事。

先週がくっそみそに忙しく、

どうにもこうにもならず

土曜日に久々に体調を崩しました。

 

頭はガンガンするは、吐きまくるわ、おまけに熱も出て、

なんとからだの会始まって以来の休講となってしまいました。

無念!!!

めっちゃ無念!!!

まだ赤字も休講も一度もなかったのに、、、、!!!!!

 

ベッドを入れて以来絶好調だったのですが

外に出ていることが多かったのでやられてしまったようです。

 

はーしんどかった。

死ぬかと思った。

ちょうどセミナーもあって日曜日に体験ハウスの予約をしていたのだけれど

「ちょっと行けそうにありません」と連絡。

すると

「ちょっと無理してでもきた方がいいと思いますよ」という返事をいただき

なんと、我らが阿佐ヶ谷から横浜まで

タクシーで行きました、、、、、

あんな距離のったの初めてだー!

1まんえん近くかかりましたぁぁぁぁorz

札を出す手が震えました。

 

しかし

 

なんと社長がタク代を工面してくださった。。。

マジで有難くて泣けました。本当ありがとうございました。

 

タクシーの中で「吐かないように、吐かないように」と念仏しつつ

ぐったりしながら着き、泊まったら

翌日には絶好調に戻ったっす!

 

はー死ぬかと思った、、、、

 

からだの会の皆様ご迷惑おかけしました、すいませんでした。

 

晴れて通常営業。

 

今日はW先生の方々にヨガ教えてまいりました。

50、60代くらいの方々で、

普段からだをあまり動かさない方々だったため、

どのよーに進めていったらよいかわからなかったので、

指針を立てるためのリハーサルでした。

 

前日の夢で

私は広い会場に立って指導しているのだけど、

周囲の部屋から大音響の音が聞こえてきて

私の声が届かず、

右往左往する私に通りすがりの方が

「それが君の実力さ」

と言い捨てていく

というちょー怖い夢を見て戦々恐々としておりましたが、

 

みんなちょーよろこんでくれた!

そんでもって、ちょー楽しそうだった、、、。

 

からだを動かしたことのない人ほど、効果が目に見えてわかるので

これはいけるな!

と思いました。

 

「これ続けてったら、みんな元気になるね〜」

というありがたいコメントをいただき、

ちょーおいしいデザート頂いて帰ってきました。

 

ようやく、仕事の方のプロジェクトも

一般公開の近くまでこぎつけました。

近々公開予定!

頑張ります!!

 

これ美味しかったー!

新宿のニュウマンで売ってるそうです💕

f:id:akikologue:20190716162302j:plain

 

名づけることの意味

私が大好きなものがたりの一つが

ゲド戦記

です。

もちろん、ル=グィンの小説方のです(誰かが映画化したようです)。

 

その小説は、ほんとうに真理があっちこっちにちりばめられているように思えて、

私は一時期、ゲド戦記シリーズにめりこんでおりました。

 

そのなかで、一番大事なものとされるのは

「真の名」です。

 

すいませんが、ウィキから抜粋させていただくと

アースシーのうち、主にハード語圏では森羅万象に、神聖文字で表記される「真(まこと)の名前」が存在し、それを知る者はそれを従わせることができる。人は己の真の名をみだりに知られぬように、通り名のみを名乗る。

 

私はこの物語を、ほんとうに自分の事のように浮き沈みしながら読んでおり、

「真の名」を知られる(=支配される)ことの怖さが身に沁みました。

 

しかし、名前って大事。

両親から貰う名前は、両親を選ぶことが出来ないように、選ぶことが出来ません。

しかし、おおよそ親が子供に名づけるときは、

考えに考えて(あっ私は生まれてビックリ女の子だったので

ほとんど考えずにオジーチャンに名づけられましたが)

この子に一番合うものなーんだとか、

こうなってホシーとか、

いろんな願いを込めているわけです。

なので、不可避ではありますが、

また、私のように、実際の性格と真反対の名前を付けられるということも

ままあるわけですが(最近は名前に追い付いてきた感り)

仕方がないことですね。

 

もうひとつ、わたしは何年か前に、考えに考えて悩みまくって

どうしたらいいものかと思いながら

あるインド人の師匠にインド名を頂きました。

更に、ある部分が極めてある組織を彷彿とさせることから、

昨年、意を決してその一部を取るために、もういちどお名前をいただく

簡単な儀式をしてもらいました。

 

まぁ、だから何だって話ですが

なんか言うなれば、一連のありかたがとってもしっかりで、言うなれば

神聖だったんですよね。

私の意思がまず先にあった。

だから、受け入れることができる。

ある部分自らのコントロールを明け渡すことを無意識化で

意図している。

 

 

だからなんだってはなしですが、

そういうのがなくて、名前をどうこうする場面にでくわして

わたくし「ちょっとこれは!」となっておりました!!

 

もうすっごいもやもやすんの!

もやもやもやもやも……

ええい!

はっきりいえば

「キャプチャーしているな!」

もっとはっきりいえば

「支配だな」

とわたしの生物的な危機感が感じました。

 

ちょうどお会いした頼りになるY先生にちょろっと相談すると

「うん、有りえない」

とがっつり言ってくれ、その他諸々のアドヴァイス貰いました。

 

自分のことではないんだし

放っておいても別に大したことないかもだし、

もしかすると余計なお世話かもしれないけど

自分のもやもやだけは解消せねば。

 

もやもやしている場合じゃないじゃないか、私!

 

 

体重減少は止まらない

忙しく困難な日々を過ごしておりました。

こんなんだー!

神様なんとかしてくれー!!

 

そしてついに。

 

一時、ある数値でストップしていた体重が更に減少をはじめまして

未知の領域に入ったぁー!

 

中学生時代の体重を割りました、、、、

なんか、ソーメンしか食べられないという最近でございます。

 

そのせいでしょうか、いろんな人に食べ物を恵んでいただくことが

大変多くなりました、、、。

托鉢僧時代の記憶がよみがえります(嘘)。

 

そんなこんなで、日々細々と生きておりますが

生命力爆発しておりまして、

元気でやっています。

 

先日こーんな空が撮れたんだ!天使の羽、見えますか?

綺麗だったぁ〜

f:id:akikologue:20190705190820j:plain

日月日誌、3年。今思うこと。

本日で、日月日誌を始めて3年が経過しました。

 

だいぶ、、、だいぶ、この3年というのは超絶変革期

という感じでありました。

感慨深いものがあります。

 

なんと、今回のシュリ先生のワークショップには

全然面識がないのにこの日月日誌を見てきてくれた方なんかがいたりして

感動した!!

そんでもって、びっくりしました。

こんな世界の片隅のブログに反応してくれるなんてね。

ありがたいことです。

 

今日、W先生の勉強会にて、

グルのお話が出ました。

 

男性で、W先生くらいの愛の存在になるのは難しいのですか?

という問いに対して、先生こんなこと言いました。

 

そんなことないと思うよ。

例えば、スワミ・・チアナンダはとにかく愛の人だった。

一緒に座っていると、白檀の香りが漂ってくるような、静かな愛の人だった。

それから、Mティチェンはもっと、ひょっとこが顔の周りで踊っているみたいな

強烈な感じだった。

だから、本当の親よりも、父、という感じ。

そういう愛に触れたことがあるのであれば、目指すところが見える。

でも。やはり手本がないとね。

そう言って、多分、その愛を受けた時のことを思い出して

涙ぐまれた。

 

もし、akikoさんがすごくなったとしても、

たいていの男性は自分よりも優れた存在

というのを認めないかもしれないけど

そういうエゴのない人であれば、きっと

お母さん、と呼んでくれるような人もいるかもしれない。

 

そんなことを仰った。

 

そして先生は私に、勉強会の前にヨガの会を開催するという

チャンスをくださった。

これは、表面的にすごく些細なことかもしれないけれど、

私にとっては霊的な意味でものすごく大きなことで、

背筋がピンと伸びた。

 

誠実に、しっかりと、生きていくのだという。

それ以外に何があろうか。

 

私は踊りの先生に、

あなたは愛を知らなければならない。

それは一生かかるだろう。

 

と、忠告のようなことを言われた。

私は、結構これにガーンときたことなんだけれども、

幸いにも、私にもそんな私にも、手本が現れた。

 

グルの愛というのは、親のそれよりも深いものだと

誰かがどこかで書かれていたけれども、

その意味が、自分の深いところに浸透しつつある。

きっと、時間はかかるかもしれないけれど、

一生を終える前に、

広大な意味合いを持つ

「お母さん」

になりたいと思うのだ。

 

そして、私はブログ3周年のこの日に、

ちゃんと自分で立つんだということを決めたのです。

誰にも依ることなく、自分の名前で立つ。

 

自分で立つことができるようになった時に

おそらく、私にもパートナーが現れるだろうと

思われるのです。

 

あ、多分だけど^^;

てか、何年かかるのか知りませんけど〜

 

つーかどこかにいないのか、akikoを丸ごと引き受ける気概ある男子!

 

は〜、、、いないよね〜

 

 

そんなこんなで、新しいブログか何かを立ち上げようかと思っています。

このブログはあまりに私的なことを書きすぎているため、

日月日誌はバージョンアップして

ちょっと外側に向けて、しかし、内側の対話で生まれたものを、

これから書いていけるようにしたいと思っているのです。

 

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

akiko

 

これ好き❤️ 1:40秒くらいからが私の心中を表します💓

www.youtube.com

 

 

 

 

新月の日に思う

いろいろと、自分で企画するというのはなかなかに

大変だな〜と思う今日この頃。

 

特にいろんな人が関わることというのは、

エネルギーが大きくなることでもありますが、

いろんな思惑や利害が交差することでもありますので、

私こう見えてもセンサイなので、割とマーヤになります。

が。

が。

やはり、こういう時こそ、独立独歩でやっている人に会うと

清々しい気持ちになります。

 

 

きちんと、派手でなくても、自分の軸を持ち

自分の力で考え判断し選り分け学び、

大いなるものを尊敬し、

師を敬愛し、

人を育てて生きている人がおり、

その方とやりとりをしている中で、

本当に一つ一つの仕事に(メール一つとっても)

その人が現れているなぁということを感じます。

 

幸運なことに幾人にもそんな方に出会いました。

シヴァーナンダヨーガを書かれた成瀬貴良先生はそんな方の一人です。

私は2度ほどしかクラスを受けたことないですが

そんな私の言うことに真摯に耳を傾けてくださり

後押しをしてくださる。

 

私、そういう方々から受けたご恩は決して絶対に忘れません。

魂に刻み込んで絶対に忘れません。

 

今生でお返しできなくても、

きっとどこかでそれなりのご恩返しをしたいと思う。

 

いや、私に、才能と能力と馬力があるのであれば

今生でちゃんとお返しをします。

 

たった一度しか会ってなくても、

旅ですれ違うだけの人であったとしても、

どんな立場な人であっても、

いただいた本当にピュアな気持ちに対してだけは

絶対に純度100の誠実であらねばならない。

ねばならない、のです。

 

私はヘタレで豆腐のメンタルではありますが、

それだけは、自分の中で本当に大事にしていることだと

胸を張って言える数少ないことです。

 

神様どうぞこの世界で生き抜ける力をくださいと

お祈りする今日この頃です。

 

f:id:akikologue:20160921163904j:plain

 注 溺れているのではありません。

ひびきあい。

京都に行って以来、スンバラシイスピードで

いろんな出来事が起きています。

本当は一つ一つここに書き起こして、共有したいのですが、

いま全然時間が足りない。

本当に1ヶ月前とは比べ物にならないほど忙しい日々を過ごしてます。

素敵な出会いと、経験と、思いと、

時空を超えたひびきあいに満ちた毎日を送っていることに

感動してます。