日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

逆向きに辿る旅その① 行者と祝福。

ようやく身体がこちらに慣れてきました。

 

昨日久々しぶりに和平先生の会に出席し

紅いショールを羽織っていたところ、先生に

ネパール人かインド人にしか見えない・・・

チベットっぽくも見える(紅いショールなので)・・・

といわれました。

 

まだインドがなごってるのかと思われます。

 

そして終了後に、あまり話したことのない方々複数から

すごいなんか変わったね

エネルギーが全然違いますね

性格変わりましたね

なんか、内向きでしたけど、明るくなりましたね

 

といわれました。

 

内向きで暗いと思われてたんかい・・・

まぁ、確かに…そうですけど、、、ひそかにちょっと受けました。

 

 さて。

携帯がぶち壊れて一切の写真をアップできなかったので

すこし紹介していきたいと思ってます。

 

逆向きに進む旅、その①は、インパクトあるこの方々です。

来た、シヴァの祝福!

 

3日間の強制断食(熱による)を終え、

たいへんなすがすがしさとともに入ったアルナーチャレーシュワリ寺院で出逢った

神様みたいな女の子ラージュ(仮)がこちら。

 

f:id:akikologue:20181213144244j:plain

 

かわいい!

 

お話詳細はこちら。

この子に出会う前に、遠巻きから観察していたシヴァ系行者。

黒い衣装の方々は、巡礼者です。行者から祝福を貰っている様子。

f:id:akikologue:20181213143059j:plain

 

ラージュによって強制的に行者のところにつれていかれ、おののきながら

ラージュのチョコチップクッキーとひきかえに祝福をもらった私。

 

f:id:akikologue:20181213145611j:plain

 

 

ぬおー!日本人ははじめてだったらしく、めずらしがる行者。

そして、毎日

「シュワシュワと1000回となえてください」

とおっしゃる。

 

シュワシュワ?

・・・しゅわしゅわ?

 

・・・・・おお!シヴァシヴァ!!シヴァね!わかりました。

という流れになりました、、、。

 

 

おそろいのルドラークシャビーズを胸に下げてるのみえますか?

行者がつけてくれました。

兄さんのリシが撮ってくれましたが、我々実は似てる?

f:id:akikologue:20181213150246j:plain

 

しっかりもののお兄さん、リシ

f:id:akikologue:20181213150234j:plain

オーロビンドアシュラムから来たという家族。

ありがとう、ラージュ。

君のお陰で寺の中をくまなく走り回りました・・・・。

f:id:akikologue:20181213151323j:plain

 

明日は、この旅でもっとも大きな印象とインパクトを与えてくれた

この方のアシュラムのことをかきます。

f:id:akikologue:20181213143214j:plain

 

・・・ちなみに、3日の強制断食明けのワタクシ↓。頬がこけてげっそり・・・(-_-;)

f:id:akikologue:20181223223819j:plain