日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

インドにて、再発見する私。

前回の記事で

ご心配くださった皆様、

ほんとにありがとうございました。

 

ほんっとに嬉しかったです。

 

 

 

一昨日の事。

 

今度は三度目にあたるプージャ。ダイジョウブかな…と

スダルシャナ(ヴィシュヌ)のプージャーを

どきどきしながら見ている間、

すばらしいエネルギーが身体に入ってきました。

 

火の力ってほんとすごいのね。

 

f:id:akikologue:20181113215540j:plain

 

これはアフターの写真で、本番は写真撮らなかったのですが

こんな感じでスワミジがたくさんのの印とマントラと所作をしながら

60行程ある儀式を進めていく訳です。

f:id:akikologue:20181104070528j:plain

 

めらめら燃える火をみつめていると

火ってすごい、一瞬たりとも、おんなじ形にとどまらない上に

この熱気。

 

なんか、抜けきった感じがします。

 

そして実はそんな日の2日前に、

日本の藤山家のゆっきぃさんが

「(リーディングで読み解くように)背中を押された感じがあった」と

リーディングをしてくださり、送ってきてくださったのです!

 

その文面に

>>
この浄化と昇華の大祭りが終わった暁には更なる道が拓けるでしょう。

盛大なお祭りです。貴女を中心とした一大セレモニー。

大いなる応援の元行われていることを忘れずに、安心して身を委ねてください。

>>

とあって、

そうこうしているうちに、ほんとうに抜けていったのです。

 

盛大なお祭り。

応援があるんだ・・・と思ったら、なんだかすごくほっとした私。

 

いま、この状況を自分で読み解いている最中なのですが

なんとなく、私ははじめてシヴァ神に会っている気がしているのです。

これまで、私の前に、まったく姿を現さなかったシヴァ神

 

今わたしの部屋には、

このプージャーでエナジャイズしてもらった

ルドラークシャのマーラーがあります。

(ルドラークシャの数珠は、シヴァへの崇拝に使います)

 

そして、更に、

ヨガの凄さを、身をもって体験しています。

毎日4時間のヨガに、4時間の講義に、2、3時間の瞑想やキールタンに、お掃除とかやっているのにいっこうにつかれなくなった。

どころか、ほんとうに、身体が気持ちがいいのです。

講義も、おもしろくて4時間あっとう間でずっと集中してられる。

 

呼吸が鍵、なんだと思います。

 

f:id:akikologue:20181112115642j:plain

超絶博識かつおちゃめなスワミジです。

 

 

 

いま、また違ったインドを体験しています。

 

そして

暇をみつけてはここに飛び込んでます。

  

 

f:id:akikologue:20181115130427j:plain

 

 

湧水で魚がたくさんいて、スワミジいわく、

本当にいい水で最高の浄化になるそうです。

もぐると飲んでしまったりするんだけど、甘くてやさしいんだよね。

 

・・・って、ほとんど私以外だれも泳がないけど・・・・(^^;

「泳がない?」っていったら

それはノーサンキューだけど、写真撮ってあげる、ってとってくれました。

 

インドにて自分とインドを再発見しつつあります。

 

今回の渡航のみこころは終わってからじゃないとわからないかもしれないけど、インドはやっぱりとてつもなく大きな国です。

いろんな意味で。

 

シヴァナンダに、会ってみたかった。

 

 

さて。 

あしたはヨガの先生役の日なので

これからイメージトレーニング。

 

それでは、また!