日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

ちいさな齟齬と決意のお話。

なかなか覚束なかったインド渡航の手配がどんどん進み始めた。

私が渡航の意思を明確に持ってからのことだ。

決めたら、進む。

決めなければ、進まない。

そのことを今痛感している。

 

また失敗するかもしれないし、

人と仲たがいするかもしれないし、

嫌われるかもしれないし、

もしかすると危険なことだってあるかもしれない。

でも。

決めなければ進まないんだ。

 

わたしは一応律儀なので(´艸`*)

行ってきますの挨拶をいろんな人に言っているのだけど、

反応はさまざまだ。

おおむね、皆心から応援してくれる。

ありがたい。

同時にメールを貰うとそのときのその人のエネルギーも一緒に

来るので、どういう気持ちでそれを書いているかが流れ込んでくる。

なので、実にいろんなことがわかってしまう。

 

それは別に私自身もそうだろうからいいんだけど、

はっきりと、人との付き合いも変わって来た。

どこかに無理を抱える人との付き合いが難しくなってきた。

とっても小さな齟齬であっても、

歯車はスムーズにまわらないものなんだということが

よくわかってきた。

 

静かに祈れ

と親しくしていたある人はいう。

わたしは、祈りは静かなものとは限らないと思ってて

過激な祈りだってある。

昨日コッコの7年前のDVDを見ていたのだけど

あんな過激で美しい祈りはないと思ったよ。

 

静かにただ待っているだけなんていやだ。

何もできなくても、何かできるかもしれない。

大きな災害があふれるようになって、

それをただ静かに祈ってやりすごす、っていうのは

ある意味正統派なのかもしれないけど、

私はいやだ。

神の意思だったとしても。

 

 

だから、動こうと思う。

心の赴く方に。

そしていっぱい失敗するんだ。

死ぬときに後悔しないように。

最悪、死ぬだけなんだから。