日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

賭けに出るわたし

みなさまこんばんは。

まだ続くナヴァラトリをいかがお過ごしですか。

 

サラスヴァティ女神の今日は、

大好きなサラスヴァティにたくさんジャパをしました。

インド、ブダガヤでは、インド一大きく、参拝客の全然いない

すばらしいサラスヴァティにまみえました。

 

この女神さまはすばらしくないですか?

f:id:akikologue:20171021092009j:plain

 

近影はすさまじいので非公開デス…( ;∀;)

 

5~6年前に一緒に住んでいたヨガの先生が来日し

不思議な縁で、メープ(仮)氏のヨガの先生でもあった方と

今年、チャリティヨガで再会。

 

その後、むくむくと、インドでヨガをしてみたい気持ちが湧き

仕事の報酬が出なそうという「チャンス」を活かして

そういうことなら休みます!

ということで、

インドに行ってくることについ最近決めました。

 

今度は長いよ。

 

一緒に住んでいたヨガの先生は10年間

インドのアシュラムと日本とをほぼほぼ半々ですごしていて、

向こうではかなりのポジションにいらっしゃるらしく

いろいろと便宜をはかってくれ

支払いも分割払いにしてくれることになりました。

 

ありがたいです。

報酬はでてないけど、雇用保険から補填もでるので

なんとかなりそうです。

 

消えてなくなる体験にお金を使う。

体験は死んでも残るものだ。

たとえこの世界はマーヤでも、体験はだれにもうばわれない。 

誰かを好きになるのも体験。

誰かに振られるのも体験。

騙されるのも体験。

喜びも体験。

失うことも得ることも体験。

 

昨日の夜、屋上によじ登りながら

あー煙草 吸いたいなーと思いながら、

あー生きてるなと思いました。

生きてるなぁ!って思いました。

 

 

奇しくも場所は、南インドケーララ州。

アンマのアシュラムも、遥かなるアルナーチャラも南インドにあります。

遊びをせんとや… - 日月日誌 hitsuki nisshi (青山先生の記事がでてきた)

 

全部行ってきたいと思います。

 

わたしの周りでインド渡航がひしめきはじめているこの時期

なにかあるのかな?

 

どうぞ神様、お守りください。