日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

つれづれ(すぎてごめんなさい)

みなさんこんにちわ。

 

昨日からナヴァラトリーですね。

 

昨日は早朝に、福岡からうつくしいヨガの先生が来ており

吉祥寺で朝ヨガに参加してました。

 

ひっさびさにガンガン身体を触られて矯正してもらって

そのあと背中がかなり伸びてすばらしい2時間だったのと

先生のヨガへの愛に触れてた時間でありました。

やっぱり身体はいいね。正直。

 

自分だけでやっていると、

どうしても自分の思い込みの枠から身体が出ないので

人にちょっと直してもらうだけですごい気づきがおきるので

適切な人に適切なアドバイスを貰うことは宝だと思う。

そういうところにお金を使いたい。

 

さて。

ナヴァラトリーのホーマ(よくわからないひとはお聞きください)

に申し込んでいたわたくし。

なにを隠そう、去年某所で出逢った女神が

ナヴァラトリのメインの神様であるドゥルガーで、

そのお名前は「近づきがたい者」。


出会っていながらもなんとなく近寄りがたく

メープ氏(仮)に極小のドゥルガー像をもらったのですが

マントラすらとなえていなかったのですが、

何となく必要な気がしてホーマに申し込み、その実施が昨日でした。

 

ヨガが終わって、井之頭公園の弁財天様に挨拶して家に帰ると

(ノД`)・゜・。ね、ね、ね、眠い。

猛烈な眠気が襲ってきた。 

しかし朝できなかったジャパをはじめると

背骨がちゃんとなっているので、声のとおりがめちゃくちゃにいい。


感動しながら、ドゥルガーにも108ジャパ。

終盤バガラムキーまできたとき、最高に眉間がジリジリする。

バガラムキーというマイナーではあるけれど、強力な女神様に身体はここのところかなり反応する。

この女神とマリアさまのときだけ途中であくびが出て身体が緩み、

そのあとの瞑想をいい感じに誘発してくれる。

 

 

そうこうしているうちに、立っていられないほど眠気が襲ってきて

ばたっと床に倒れてそのまま寝てしまった。

はっと目を覚ますと 

Σ(・ω・ノ)ノ!


16時半。。。

じゅ、じゅろくじはん??

マジで?

 

あとで確認すると、ホーマの時間が14時~17時。

これなのか?

そうこうしているうちに、生理が来た。

こっちなのか?

 


生理。

わたしは軽いので、だいたい3日で終わる

生理痛もほどんどない。

しかし、倦怠感と眠気はすごくある。

さらに始まるまえ2日くらいから身体が準備モードになるので

計5日間くらいはこの月のイベントに左右されることになる。

 

生理の重い人なんて、パソコンだらけの超絶環境の悪いところで働いている場合

どうやって生き延びているのだろうか?

 

これを男性にわかってくれっていっても、わかるのはむずかしいと思うから

自分で調整をするしかないんだろうなぁ。

女性が男性と同じ条件下で働くというのはそもそもやっぱり無理があるよね。

だから、巧く言えないが

私はそこらへんをめざすフェミニストが苦手だった(今もだけど)。

そのあたりが、私と踊りの師匠のかなり違う所だ(先生はばりばりのフェミニスト。)。


そんなこんなで、茫然自失状態のまま午後を過ごし あわてて夜に仕事をして

あんなに寝たにもかかわらず、夜もパタって寝た。


そんな1日だった。