日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

元気が貯まってきました。

いま、「最後のアイヌ」がごとくよばれるおばあさんの

聞き書きを編集している。

 

それどころか、アイヌ語辞典を送ってもらい、

おばあさんの娘さんと合う日程をさくさく決め、

集中して編集作業にあたっている。

 

かなりやる気まんまんなんである。

というのも、語られる内容がほんと、すばらしいのですよ。

原稿に向かえることが嬉しいのです。

 

いかに、アイヌの方々が、神様と生きてきたかがわかる。

動物の名前をただ呼んじゃいけなくて

「●●カムイ」と呼ぶ。

蛇神よ、

熊神よ、、、

 

そして、犠牲を捧げるときも、礼を尽くす。

 

あらゆる節目に儀式があり、あらゆる生活の場に唄があり踊りがあり、

神があった。

そうだよ。

これが本来だよ・・・絶対そうなんだ、と思う。

 

報酬が出るかわからないのに、よくやるよ……と思いつつ

お金がすごい出たとしても、やなことはやらないんだろうから

これはそういう性分だし、それでいいんだと思う。

 

あと半月ほどすれば、雇用保険からの補てんがでるようになるのだけれど

とはいえ、それを見越し、

報酬をのらりくらりとし始めることがありありと創造されるので

気持ちの悪さと同時に、

今週くらいから

とにかくなんでも仕事やろう!

お金を稼いだらインドとチベットとネパールとアメリカに行こう!(謎の奮起)

 

という気持ちがふつふつと湧き始めてきた。

かなり、元気のほうが先に貯まって来たのでありますね、わたし。

 

それにしても、わたしはここまで

「のらりくらりとかわす」そして「自分で決めない」

という人(社長)に会ったことが無く

これって、ある意味超受け身で、全託してるってことなんだろうか?

あれ、もしかして、私が間違っているのだろうか?

と思い始めたりもしたんだけれど

社長から、ついぞ信心深さみたいなものは感じることが無く

そうか、

積極的受け身と

消極的受け身

ってのがあるのかもしれない、と分析し始めた。

 

前者は神を前提としてそれを「選択している」のに対し

後者は神を前提とせずただ「選択しないだけ」(単なる怠慢とどう違うのだろうか・・・)

ではなかろうか・・・云々

 

悶々、悶々、、、

 

・・・ハッ(゚д゚)!こんな時間、超ムダじゃん!

 

と気づいて、行動あるのみ!と思うに至りました。

 

 

もしあの時会社を辞めていなかったら、

1000万円位貯まってたかもしれないけども。

かれこれこの3年位の間で、色んな人に出会い

ありがたいことに色んな人がまたいろんな縁を運んできてくれ、

今のわたしは、金は無いが、人のつながりが少しでも確実にあることを

とてもいいな、と思う。

 

そういえば、3年ほど前、藁にもすがりたかったときに

渋谷の占い師を訪れたわたくし。

占い師「あなた、37歳のときすごくいいわよ。男運もあるし。」

あ「37歳・・・(ご、5年後、、、って生きてんのかな)」

占い師「・・・ってそんな歳まで待ってられないかしらねえ~?」

と言われたことをなぜか思い出しました。

 

だいぶ色々とアドバイスをもらったものの、

核となるアドバイスを完全無視した私でありましたが、、、

37歳ってもうすぐじゃん。

 

なんとなく、わたしも占い師のそこだけは

信じたい気持ちがあります。

37歳、2020年は、オリンピックの年。あと2年。

 

私のかねてからの計画では、まず第一に

オリンピックまでには東京から抜け出す。

そして、もうちょっと環境のいい所に引っ越すこと!なのです。

これは、できれば実現させたいと思っております。 

 

加えて、現在の夢は

生まれたときから世話になった森のみなさんを守る!

でもって、死ぬ前までに実家付近に

誰もが来たくなってしまうような気持ちのいいアシュラムを作る!

そして、人々が日々神様と生きれるような場所にする!

(もちろんわたしも!!)

 

というものであります。

かなり実現性の高い絵空事ではないでしょうか…ネェ( *´艸`)

 

そのまえにはいくつものハードルがそびえておりますが・・・(/ω\)ミナイフリ

とにかく、今は、いつなんどきも、

神様を忘れないようにしよう。

 

f:id:akikologue:20180818184839j:plain