日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

すばらしきかな、暗中模索

素晴らしき8月。

 

お金もないので、活動を最小限にしていたわけだけれども

それによってゆるされた、このきわめて怠惰な8月。

ああーわたしはほんとに、

ダラッダラしたかったんだなぁ…と心底思った。

 

しかも7月にとある流れで決心をし設置したあるものによって

室内の環境が劇的に改善された。

(高価な墓石をたてるより安くても生きている方がすばらしい♪

 という歌をエンドレスリピートしていた。)

 

家の中が伊勢神宮ばりの気の良さに転換して、

部屋にいることがうれしくてきもちよくて仕方ない。

 

軽く明るい引きこもり状態だった。

 

それでも、何人かの人と逢い、帰省をした。

東京のマリア様の会で先祖供養をして帰ったので

ことしはどんなことがおきるかどきどきしたのだけれど、

帰ったら、うちのそばに山に入っていく舗装された道ができていた。

それがどこに続いていくかとおもいきや

村の氏神と、山の神へのダイレクトロードになっていた。

 

なんでも、裏山のがけくずれを防ぐ目的で作った道なんだというが

O津家から山の神への最短ルートが建設されたわけだ。

 

これは、私に行けってことだな!と早合点したわたくしは、

いさんでお参りし、

さらに、なぜか祠の扉があいているので

不信に思って、

三輪神社の聖水で浄めてから、中を掃除し始めると

祠の床にしいてあった木片の下から

 

大量のでかい蟻と蟻の卵が!!

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

気持ち悪しいぃぃぃ・・・・・

 

 

一瞬その木片をすてて飛び上がってダッシュして後退したけれども

日頃神様神様いっているのに観て観ぬ振りもできず、、、

家に帰って蟻退治の粉を持参して、再度息を止めて掃除にチャレンジし

吐きそうになりつつも、

木片といろんな字のかかれた木札などをきれいにして

祠をしめてきました。

 

フー・・・(@_@。

 

その小道にあらわれたチョロリン。

f:id:akikologue:20180813110749j:plain

 

わたしの部屋の前にもアニエスベー

f:id:akikologue:20180814102524j:plain

 

そして、ブダガヤにいったあと発見された

古いお墓にもお参りしました。

蔦のグラデーションがすごいきれい。

f:id:akikologue:20180813114032j:plain

 

 

そして、うちのジブリ化はすすみ・・・

f:id:akikologue:20180812171244j:plain

 

 

5月に植えたタカキビがこんなに大きくなっていた!

 

 

f:id:akikologue:20180812154231j:plain

 

 

そしてわたしが毎日話をしていた栗の木とその仲間たち。

このひとたちはいまだにやさしい。

 

f:id:akikologue:20180814171611j:plain

 

今回は、野らぼう菜を植えて帰ってきました。

 

8月15日。

イグナチオ教会に寄って、聖母マリア被昇天の日のお祈りをし、

会社に離職票を貰いに行き

案の定なにも書き込まれていないので(どういうこっちゃ!)

自分でぜんぶ作り直して

翌16日に書類提出。

 

晴れて自由の身ですが、

まだ担当している本の仕事はあるし、

が、しかし、まだ先月分の給与が全額入ってないのに、

今月は入るのか?

 

わきゃぁないだろうな♪(*^▽^*)・・・

どうしたらいいのこういうの? 

 

はてさて、akikoの大冒険はつづく。

 

お楽しみに!