日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

できるだけ無計画でいたほうがいい件

昨日26日は、マヤ暦で「宇宙新年」だったそうです。

前25日は「時間が外された日」。

 

時間が外された日というか、打ち合わせがなくなって

時間が空いた日だったんですが…^^;

そのおかげで、スーフィーの物語を一日で読み切れたんだった。

 

現仕事のけじめをつけなければいけないと思い

それについての話し合いを提案してから、

それについて意図的に話題がそらされているなと感じてから2週間強。

 

関係者への支払いが滞っていたりするのを

自分が関与した人について気をもむ部分と

自分についても同様の懸念ももちろんあるし

もーこりゃほんとに心身にめちゃくちゃよくない……ヤバイと思い

自分を鼓舞して、動き 、なんとか今日 話し合いにこぎつけ、いちおうの区切りのめどがついた。

 

職場にいったらシャッターが閉まってた事件(これね↓)から

はや2か月。

 

もう2か月もたったんだ……。

 

5月は関西に行ったり、皇居に行ったり、

アンマにあったり、仕事詰まったりいろいろしていた。

 

6月はめちゃくちゃ調子が悪かったり、

どこかで癒し忘れた部分から涙がでまくってきたり、終息させるのにあわあわしてた。

 

7月は体の不調がおさまり、調子が上がったうえに、

ルーティーン化していた

踊りの仕事が消えたので時間に恵まれた。

 

今までのわたしだったら、この時間に焦っていろいろ用事をつめこんだり

踊りの仕事をいいつけられたりして無いものになったり

なんだりしたんだと思うけど

今回は

全然しなかった!

 

これ書くのけっこう勇気いるんですけどね、

 

うまれてからこのかたしたことないくらい

だらだらしてたんですよね。

 

気が抜け力が抜け

何にもできない、何にもしたくないという感じ。

 

そして、案外それが大丈夫だったんですね。

そこにちょっとびっくりしている私。

 

そしたら…

 

身体が休まった。

 

そしたらあたりまえだけど……

 

思考が鎮まった。

 

そして、

身体ってやすませるとちゃんと休むんだ。

休むってこういうことなんだ。

だいぶ楽じゃん・・・・・

 

と思った。

休め、緩まる身体をもてるようになった、

っていうことでもあるんだと思いますが、、、

 

「何かやってる」手ごたえがない空虚を受け入れられずにとる休息って、

ある部分、ほんとの休息じゃないんですね。

 

積極的休息って、すごいこれ休めるのね…

ほんとにありがたかったです。 

 

すこしずつ気力戻ってきました。 

 

 

更にいうと

和平先生が以前

神様の言うことをきけるようにするには

できるだけ無計画でいたほうがいい

と言ってたことの意味がなんかすごい身に染みてわかった気がする。

 

神様の変化球をうけとめるためには、ある程度の

空白と余裕と瞬発力

が必要なんだってことが。

 

そうは言ってられないけどね。

ん?

そうは言ってられないのかな……?

 

それってほんとにそうかな。

 

少なくとも、

空白と余裕が大事っていうことをこころに持っていることは

できるなぁって思ったよ。

 

あと、なんとなく、神様についていこうと思ったら時に

「チクっ」っときたときに瞬時に手を伸ばして

蚊を抹殺するくらいの瞬発力でもって

 (アヒンサーどころではありませんすいません)

動くことが求められたりすると実感してる。

 

思考を入れたら即アウトだ。

それを、ここ2か月くらいでいくつもの失敗とともに痛感いたしました。

 

 

 

そんなこんなな今日は

なぜか最近気になって仕方がない

サ〇ババ大先生のこんな本がアマゾンから届いた。

 

f:id:akikologue:20180726225000j:plain

 

わたしは、ずっとババ大先生を敬遠していました。すいません。

(だって…こわいんだもん!あやしいんだもん!)

 

でもほんとにここのところ妙に気になって仕方がない。

 

そして、この本を読んだら

すんごい響いてくるんだよね……

これ こどもたちに届けたいと思ったよ、、、

 

眠くなってしまったので、明日書きます…