日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

気持ちとともに踊ろうとすることはあなたの財産である

今日は…

休んでいいのかよくわからない状態だったのだけれど

仕事を強硬的に半分休みヨガに出席した。

そのぶん朝からの仕事はむっちゃ急いだ。

 

平日仕事をしていたら、ヨガには出られなくなるのだが

これは極めて自分の精神的にはよろしくない。

月に1回でもヨガがあることはかなり自分を客観視する機会を与えられる。

 

ヨガで頂く視点はかけがえない。

今日は特に、バストリカーとライオンのポーズがグットきてハっとした。

今の私にはこの2つのポーズと呼吸法が極めて必要だ。

詳細はかけませんが、とくに、バストリカーでは

もっともっと「ゆったり」すること(胸ではなく肚!)を肝に銘じられ

ライオンは、わたくしはこれをやり込まなければならないと痛感した。

 

うおー!試演会までこれ毎日やるぞー!

 

と思った。

 

肚!肚!肚!とブツブツ念仏のように唱えながら稽古に向かったところ

 

踊りが踊れなくなってしまった!!!

 

そして、気合入れて中腰になりすぎた関係で筋肉痛が半端ない。

 

だけど

踊りの出だけはなんだかすごいよかったらしく

「気持ちと共に踊ろうとすることはあなたの財産かもしれない」

と先生に言われた。

 

私の中ではこれを受けて2つのリアクションが起きた。

1つ。わたしは気持ち無くしては踊れない。だからこれはうれしい。

2つ。だがしかし。昨日読んだ新体道の本にはこのように書かれてあった。

機械のように何の気持ちも入れずにこれを繰り返すことが出来て初めて

「型」の持つ先人からの叡智が身体に入って来る(意訳)

だから、気持ちにこだわっているのはわたしのエゴだ。

 

今日ヨガでも、すんごい達者な方の話題になった時

機械のように何の心の揺れもなくそのポーズをなさるというお話があった。

それはもんのすごく大事なことだと思う。

 

わたしは「気持ちが無いと動けない」人間で

それが足かせになることがままある。

気持ちじゃない、形だ!

と思いながら、

形なんてなんだ!気持ちが大事だ!

 

で揺れに揺れる。

 

たぶん、両方あって完成なんでしょうね。

 

わたくしは、多分みなさんご存知の通り

カタワなんですよね。

 

まぁ、そんなこんなで、今日一日生きながらえた。

 

生きている時間がもうあまりない気がして(何故か)

割と生き急いでいる私です。

 

Calm Down!