日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌 ーakiko

つれづれに最近のこと。

今日、この般若心経↓

念仏サンガボイスin京都国民文化祭2011 on Vimeo(2:45位から)

を聞いてからこれがずーっと頭の中になっていた。

 

そして。

20:00頃、私のケータイに一通のメールと・着信があった。

前職の同僚たちからだったのだけど、

訃報。

 

しかも、私の隣の席だったKさんだ。

これで隣の席だった方がなくなったのは2度目だ。

しかも、Kさんも50歳手前だと思う。

 

家に帰ってからまたずっと

般若心経を聞き・唱えながら過ごした。 

 

明日は、以前亡くなったH先輩宅にみなさんは訪問するらしいのだが

わたしはお断りしていたのだ。 

 そんな矢先の報告だった。

そして久々に仲良かった先輩と話をして近況を伺ったりした。

「あぁ、わたしは辞めて、

ほんとうによかったんだ(あくまで私個人が)」

と思った。 

これに関しては、未練も後悔もはっきり言って一切ない。

 

 

先日、久々に(一か月ぶりくらい)にルン・ルに行ったのだけど

その時、クマザサを扱う摩訶不思議なおじいさんと

場所が隣になって、終わってから色々話をしていると、

「あなたは、色々話が出来る人なのに、ヘジテイトしすぎる」

というので、(ヘジテイトかよ!躊躇って言ってくれよ!)

「いや~私だめだめ!話、苦手なんですよ!」

というと、

「そうやって、自分をプロテクトするのは馬鹿だ!

質問してないのに先回りして話をさえぎってはならん!」

とダメだしを食らった。

(プロテクトかよ!守るって言ってくれよ)

 

なんだよコンチクショー初めて話したのにこのくそじじい!

と思わなくもなかったけど

同時に、そうだなぁ・・・・と思った。

 

 

言葉にすることをヘジテイトしすぎる傾向にある私は、

なかなか人前で発言することも無いし

質問することもあまりしないし(答えは一生かけて自分で出せ!とか言われるし)

でもそれって、言葉の出し惜しみだよな、と思ったりしていたのだ。

 

 そして

「あなた巫女さんだったんじゃないかな。

それで今踊りとかやって、祖先帰りしてるんじゃないですか?

、、、っていう風な解釈はどうですか(ニッコリ)

それを今生の仕事にどう活かすかですね」

と言われた。

それは妙にそうかもしれないと思った。

 

そして、クマザサの粉末で、場を浄化して結界を張る方法を教わりました。 

(家で早速実践したけど、すごく家がきれいになった気がする)

 

 

前回、責任というワードが光って迫って来たわけです。

akikologue.hatenadiary.jp

が。

坂爪さんもすでに書いておられた。

これね⇒ 道に迷った時は、損得勘定じゃない、自分のこころが「美しい」と感じる道を選ぶこと。 - いばや通信

 

そして、坂爪さんの前に、さらにすでに

エーリッヒ・フロム氏が書いておられた。

 

さすがフロム!

 

学生の頃読んで感動した記憶があるんだけど、

記憶のかけらすら残ってなかったという(何を読んだんだろう?)・・・・

https://www.amazon.co.jp/愛するということ-新訳版-エーリッヒ・フロム/dp/4314005580/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1516376758&sr=1-2

 

そんなわたしが今読んでいる本はこちら!!!

 

http://amzn.to/2ETGe27

 

これは現代の医療及びヒーリング及びアート関係者必読ではなかろうか。

 

そして、こちらぁ!!!

 

http://amzn.to/2mQ8Vp2

 

永遠のベストセラー。

 

ルン・ルの植原先生は言ってた。

「仏教だけです、開祖の情けない話がたくさんのこってるのは。

釈迦がどれだけ情けない男だったか!

あの釈迦に出来るんだから、わたしたちにできないはずはないんです。

これだけの娑婆でばりばり働きながら生きているんだからね。」