日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌 ーakiko ootsu

木曜日のミサイル

いまだかつてない眠気と怠さと体の重さを覚えて、ほんとうにやばかった本日。

でも今日は木曜日。
マリアさまに、「木曜日のミサに来なさい」といわれた事件がひっかかっていたので、わたしは行って参りました。

ミサは滞りなく進んだ。

そして最後に、外国人司祭が、訛りのある日本語で
「十字架を背負って歩きなさい」と言うのに
なんとなく後ろか、頭をガッツーンと殴られた気持ちがした。

いつも
わたしは罪をおかしました
と何度もいう下りがほんとうに何か落ち着かない。
罪はたくさんおかしました。
たくさんおかしましたけど、それを永遠に懺悔するのか……
さらに、十字架背負って歩けって……
(暗澹)……。

至極しんみりしながら、マリアさまに話しかけた。
マリアさまの手には今包帯がぐるぐる巻きにされていて<ドント タッチ>とかかれてある。
私は実は、包帯の前日に、花が置かれてあったその手にちょっとだけ触れてしまっていて、
その包帯を見るのが実は辛い。


マリアさま泣いてるみたいで、そこに立ち会うと、<あたしの金運あげてください>みたいなことは、さすがに出てこない。
だから、マリアさまに向き合うときは、何をおっしゃりたいのか
と問うことになる。
泣かないでください。
とも言う。
教えて下さい。
と聴く。
恥ずかしいが、助けてください。
ということだってある。
今日は、なにも聞こえない気がした。

その後、少し教会で瞑想した。


神さまは私の中にいるという。

それなら神さまに祈ることは、自分に祈ることなのか……
とフトおもう。
ん?てことは、
あなたはわたしな訳か。
ん?

不思議な気持ちがやって来た。
帰りの電車で、わりとキッツキツな車内で、あなたわたしあなたわたしあなた……の応酬…………
周りの人をみても、あなたわたしあなたわたし……
なんか、そしたら、活力が湧いてきたのにおどろきました……。

家に戻ると程なくして憔悴がやってきたけど……あの活力、久々……


ワタシ、抑圧されてましたな。
十字架ぶん投げたい気持ち。
そして何かもっと知りたい、あなたとわたしの秘密。

意味わかるかね(^^;)