日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

15分の一致。

魂の伴侶、メープ氏(仮)が

学校運営資金をクラウドファンドした結果

期間の半分で目標金額(200萬!)達成したらしく、

微力ながら応援出来てよかったなと思っております。

 

で。

そんなこともつゆ知らず。

おそらくそのご報告の電話をウキウキでしてきてくれた頃…

わたしは自分の失態で、おそらくもう二度と連絡をとれないであろう

友達のことを考えながら割と落ちこんでおりました……

 

電話に出る気力もなく

「悪いけど今電話でしゃべるような気力が私にはありません…」

と送ると

「どうか落ち込んでいる理由を教えていただけませんか」

というので、

かくかくしかじかです…

と申し上げると

「仕方ないよ…そういうことは起こります、we are human being.」

と、文法とスペルが全然違う英語で返ってきて、

それをみたらどこかにしまい込んでいたらしい涙がぽろぽろ出た。

なんでかわからないのだけど、心の何かがhealされたらしかった。

 

以前は、きっとみんなこうして互いを思いやって、

なんのジャッジもはさまずに「ただ共感」するだけで、

響き合って癒しあってきたのではないかとおもわれたし、

わたしたちはseparateされすぎたんだな…と思った。

しかし「ただ共感する」ことにかけてはすごいな…メープ氏。

どうして今生では伴侶でないんでしょうか。(なんて)

 

…一瞬ファンドの結果みて上がったけど

それでもまだ…(ぐったり)。

 

お家に帰ると、朝日か何かがきらきら光った写真(裏表紙)が

床にぱさっと落ちていました。

まえに教会のバザーの時に自由に持って行っていいよ

コーナーにあった本。

 

ぱらぱら読み始めたら、これまた

聖母マリアのご出現の本だった…。

読めよ、っつーことかと思って(すいません)、

お風呂に顔半分まで沈みながら読んでいると

 

こんなことがかかれてありました。

 

祈りなさい。そしてわたしに信頼をお持ちなさい。

ロザリオの祈りを唱えるのには十五分かかります。

毎日十五分を私と一致して祈れば、あなたがたは多くの事を理解し、

心と霊魂にたくさんのものを受け取るでしょう。

なぜなら私はあなたがたを大変愛しているのだから!

 

毎日十五分の一致でいいという……

ほんとにマリア様も必死なんだなという気持ちがいたしました。

 

なんか、ほんとに、耳をすませば

声は聞こえるんだ

という気が、わたしにはします。

 

誰にでも。どこでも。何時でも。

サイキックである必要はどこにもございません。

ただ、耳を澄ますだけ。

さいしょは、たぶんかそけき声で。

そしてたぶん、色んな所から、メッセージは来ていて、

キャッチしていけばしていくほど

回路は太くなってくる、

ような気がしております。

コツは、「聴き間違いかなー」と決して思わない事!

自分を信じる事!!

 

はい、完全に巷で言われる変な人ですがね…

変な人は、思う。

 

今日も教会で、こう言われた(きがした)。

 

「〇×…×◀(聞き取れず)のときも病めるときも、

わたしは共にいます。木曜日のミサにきなさい」

 

…木曜日のミサ?

 

今週私忙しいの知ってるのかなマリア様…( ;∀;)

 

 

いつも思うのだけど、順調にいっているときほど、

他人の気持ちに鈍感になり、祈りの気持ちが薄らぐ。

だから、踊りの師匠はこういう

「ダメなときほど、踊りはいいのよ」

と。

 

なんか、イケイケでいることがいい、と(多分引き寄せ的にも)

言われている世の中だけど

わたしはそうは思わなくて

心をやわらかく、というか、ある程度空(むな)しくしておかないと

わりとだめな気がする。

舞踏ではいつも、そのようにしておきなさい、という。

空しくする。心を。

だから、歩くときに、胸を張ってはいけない。

むしろ、胸は少しへこませる。

西洋舞踊みたいに胸を張って自分の存在をアッピールしたら、

自分以外のなにも入ってこれないから。

 

心を空っぽにしておけば、そこに必要なものが入ってこれるから。 

 

…というありかたが、わたしにはしっくりきます、

ということなのだけど(^^;

西洋的な自己のあり方が、苦手なんだと思います。

(だから、インド占星術では「月」の位置を大事にする、と聞いて 

胸をなでおろしたのです)。

 

今までは、自分の中で、

スピリチュアルと踊りがわりと離れたところにあった。

繋がっていることはあたまでわかっていたけれど、実感が薄かった気がする。

でも、たぶん、二つは…というか、お祈りとダンスは、一緒なのだと思う。

そんなような実感がうまれつつある。

そして、日常生活もほんとうはすべて

祈りで満たされているはずなんだろうな…(わたしが忘れているだけで)

というように、おもった。

 

しんみりしてしまった……

 

本日も、みなさんのおかげで生き延びました

 

ほんと、ありがとござます。

 

おやすみなさい。