日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

インド番外編:不思議な帰郷②

さて。

続きです。

 

小学校の裏の土手を舗装工事するために

わりと大掛かりに道を整備したり、山を削ったり、

する必要があることがわかりました。

 

ちなみに、うちのまわりは

山と畑と川と民家と自動販売機が確か3つとバス停留所が1つと

宗教施設以外になにもありません。

 

f:id:akikologue:20171112114927j:plain

f:id:akikologue:20171112115135j:plain

 

そして。

その、掘削とか、道路をつくることから派生してはじまった話で

 

衝撃の事実が発覚……

 

 

家のお墓のあるお寺は

村から少し離れたところにあるのですが

実は、、、、、

 

家の本当のお墓は、家のすぐ近くの山の中にあるらしい。

 

 

なんで?笑

 

……知らなかった。

 

なんで今まで知らされなかったのかが謎だったのだけれど、聞きそびれ、

わたしは「フーン」とか言いながら、取り合えず

まずは、裏山の神に挨拶に行くことにした。

 

わたしはいつも帰省すると山の神様の社の掃除とお神酒をあげるのですが、

今回は、台風の影響により、落葉と枝の落下がすごくあって

一人の力ではどうにも応戦できなかったため、父親が参戦した。

 

・・・というか、父親

ここの神と村の神と村の山の神を日常的に手入れをしている人なので

あたりまえだけどすんごく手際が良かった。

 

もくもくと清掃活動に従事する我々。

 

そこで、わたしは持参したトゥラシーのお香を焚いた。

 

更に、勢いづいた私は村の神社も勇んできれいにするために

出かけた。

 

そのあとその流れで、父親の先導で

例のお墓のある場所まで歩いていくことになった。

 

長靴でもくもくと歩く。

 

隣の家の脇の細い道から山に入っていくと

すこし開けた場所があった。

 

そこには………

 

小さな石のお墓が倒れたりしながらちょこちょこあって

とても、正直お墓っぽい感じはなくて、

なんか、言うなればこぢんまりしたさっぱりした空間だった。

この間父親が草を刈ってきれいにしたのだそうだった。

 

 

そして、そこにあった、他よりも

少しだけ大きい石には、中がくりぬかれていて、

小さな石がはめ込まれ、そこに字が刻まれていた。

 

 

 

南無阿弥陀仏

 

 

ん・・・?

一瞬目を疑ったのだが、

 

なむあみだぶつ

 

と、そこには几帳面にきれいに彫られてあった。

 

 

お寺のお墓には一切こんな文字が彫られたものはなかった。

 

さらに父親が、「こんなのもあるよ」的に教えてくれた小さな石があった。

そこには

「祖先代々の塔」

とあった。

 

 

なるほどね。

 

なるほど合点。

 

遠足についてきていた…

みなさん。

 

 

KOUさんの言ってた言葉が思い出された。

 

たぶん、祖先の方々をつれてインドに行ってきたんだということ。

きっと巡礼に行きたかったけど行けなかった人がいて、どうしても

仏陀のゆかりの場所に行きたかったひとがいるだろうこと。

そして、たぶん、みんな遠足が出来てすごい嬉しかったと思う!

 

 

というみなさん。

 

ここにいたんだ……

 

 

そう思って、わたしはなんだか

すっごく、おかしかった!

 

そしてついでにその足で山を歩いくと、

更にすこし上の方にあってあんまりちゃんと認識すらしていなかった、

村の山の神さまのところに出た。

 

紅葉した葉っぱが落ちた空間に

小さな紅い社がちょこんと建っていて

すごく……うつくしかった。

とてもとてもきれいな神様で、

わたしはこの神様の事をちゃんとお参りしたことがなかったのが

すごく変だな…と思った。

どうして、今までこんな近くにあるおおもとの山の神様のことを

知らなかったんだろう?

と。

 

そこで、わたしは何故かインド式に挨拶をして、すこしお祈りして

父親と一緒に山を下り、そして、その後東京に戻った。

 

 

不思議と、両親と、ものすごい久々にまともに言葉を交わして

何故なのかよく分らないのだけれど…

この歳になってはじめて

家のおおもとのお墓の場所を知り

この歳になってはじめて

村のおおもとの山の神様の場所を知ったのだった。

 

そして、その2つとも、携帯電話をもっていなくて

撮ることができなかった。

(インドで神様に会った時も、わたしは写真をとったのに

その写真は残っていなかった)

 

なんだか、不思議で心に残る帰郷だった。

不思議な帰郷の物語はたぶん、何かスタートの合図のような気がする。

 

よくわからないけれど、そんな気がしています。