日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌 ーakiko ootsu

呼ばれて。

何か、先日の記事

KOUさんが、また記事を書いてくださったのけど

(これね→親であること、子であることの祝福

わたしが体感したことは、

まごうことなき祖先から伝わってきたものだったんだ

ということが知れたのと同時に

 

この記事を読んでいたら、

また先日と同じ種類の涙があふれてきた。

なんというか…

やはり、ネットだろうが対面だろうが、伝わるものは伝わる・・・

書いている人の意識とか想いとか、はたまたそれを超えたなにかもは

ちゃんと伝わってくる。

と感じた。

 

先日の記事に書かなかったのだけど

その講座が終わった後、地下鉄で電車を待っていたら

母から電話がかかってきた。

(まじか…と思った)

そして、今月末に、会うことになった。

兄が(出来た兄です)家を購入するので、そのお祝いにくるのだそうだ。

ほぼほぼ、断絶状態なので、

たぶんそこでなにかが起こるんだろうな・・・という気持ちでいる。

 

「祖先」なんてほんとにちゃんと想いを向けた事など無い。

感謝をしたことだってない。

ただお墓参りをして、山の神様に祈っていただけだ。

でも、先日の、祖先の「よろこび」を知ってしまった以上

わたしには出来ることがありそうな気がする。

家系を思い遣る

ということならできる

そう思った。

それが何かを動かすかどうかはおいておいて、だ。

 

なんでインドに行くんだろう?

今は、わりとせっぱつまった時期で

ほんとうは、日本でがんばるべきかもしれないし

踊りだって中途半端で、まだまだひとり悶えてさぐらないといけない。

でも…

なんとなく、「家族問題」というほんとうにおおきなおおきなテーマを想いながら

今すごさないといけないんだということを

突きつけられてる気がしている。

 

だからなんでインドなのかわからないけど…

 

「呼ばれてる」

から…。

 

インドが、なんだか、ほんとに、呼んでる。

 (気がする)

 

恐いけど。

 

ムリティユンジャヤのヤントラも今日、てもとに来てくれた。

ディワーリは、闇を光に変える日なんだとか。

その日に、ブッダガヤにひとり移動します。

 

とっても恐いけど。

わくわくもしていて

 

さあ。

 

行って来よう。