日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

酸いも甘いもかみしめて

身体に力が入らなくなり、

涙が出たり、朝起きると恐怖に対面していた2か月前(もうそんなに経つのか!)

とはまた別の、モードチェンジがやってきた。

まだその正体がつかめていない。

 

 

何か調子がいまひとつだな…くさくさするなと思いながら

今日は午前中からいろいろやらないといけなかったので、

支度をして、出かけた。

神明宮の前のみちを歩いていたら……

ん?

なにかくるくるっと回って降ってくる。

 

キャッチ!

 

f:id:akikologue:20171001111206j:plain

 

見えます、これ?

 

…愛でしょうかこれ。

 

愛でしょーこれ!

 

 

こんなくさくさしてる私のうえでも

天使羽を広げて舞ってらしたのでしょうか。

エンジェル的なものとはついぞ縁がない気がしていたのですが!!

 

何となく、気分がよくなった…気がした。

 

その後、けっこうサクサクとさまざまな日程調整と事務的な作業と

電話すべきところに電話とメールすべきところにメールと……

家に帰り、PCを開いていろいろやっていたら…

今度はなんだかひどい無力感と孤独感に襲われた。

 

 

おかしい…

なにかがおかしい……

なんか、身体にまとわりついてくる感覚がある。

重くて、息が苦しい。

瞑想しても少し軽くなるくらいだ。

うーん、、、、と思いつつ、それを感じてみるのだけど

粘着質の重くて黒いものが背中に覆いかぶさっているイメージしか出てこず

なかなかうまくいかなくて悩んだ。

過去にひきずられてる感じがした。

 

そんなときに、

ヨガの先輩(かつ魂の先輩)Mさんからメールが入った。

 

Mさんは、メールの「テンポ」がものすごく良い。

軽やかでもって、笑いをそこに込めてくる。

(しかも、なぜか文字数オーバーしてるのにちゃんと全文が送られてくる。何故だ!)

 

たぶん、これがサルサのリズムか…と勝手に想像しているのだけど

わたしはテンポに遅れないようにと思考をふっとばしてメールを書く。

(でもいつも、1・2テンポ遅れる(^^;)

 

そうこうしているうちに、

自分の中の何かが回復してくるのを感じた。

さっきの身体にまとわりついた重いものが、一気に軽くなってゆく。

それはそれは、すごくて、感動してしまった。

「やりとり」って交換なんだと、あらためて思った。

いろんなものの、交換…。

だからこそ、疲弊するのもあるし、

助かるのもある・・・

 

きれいごとだけではやっていけない世の中だけれども。

人によって見る世界はぜんぜん違うのだろうけれども。

いろいろ失敗はするのだけども。

今日も生きながらえた。

 

 

f:id:akikologue:20171001092411j:plain

 

貴重なママキというお茶をいただいて、大事に飲んでいる。

非常にブルーがきれいです。

ハワイのお茶で、ネイティブハワイアンの時代から

「身体と精神をピュアにするハーブ」らしいです。

(このブルーは、バタフライピーの色なんだそうです)