日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

コロッケと静かな日

わがバイブル、『ギーター』一冊を

一日で全部読もう(音読で)ということで

かなり時間がかかったけど、

一緒に旅したことのある人とそのようなことが出来た昨日は

ほんとうに細胞から喜ばしい日になったのです。

そして「ギーターってこんなこと書いてあったのおお~!」

という新大陸発見的な再発見しました(個人的にですが^^;)。

『ギーター』恐るべしね……

 わたしにとっては、あらゆることがギーターから始まった

といっても過言ではないくらいだと思っていて、

この本には恩を感じています。

 

 それで。

ここのところ、落ち込んでいたこともあって

こんな素晴らしい日に心から感謝した。

料理の鎮静作用もすごいが

声に出して本を読むということの鎮静作用もすごい。

『病める舞姫』を読んだ時もそう感じたのだったな…。

 

そして帰って久しぶりにテレビを点けると、

そうだ、今日は原爆の日だったと思い出した。

 

そのあと、「直虎」をちらっと見て、子供の首を抱えて泣くところだけで、

もう涙腺が赤子レベルだから、何故かおいおいと泣けた。

(ちなみに、わたしの最後の会社仕事は

ナオトラの本のプレスリリースを書くことだった。)

 

その後、いろんな雑務をしてから瞑想して、柄にもなく

いろーんなことを想いながら祈ったら、

身体の真ん中から力がざあっと抜けていった。

 

 

わたしはどこに運ばれていくのでしょう。

わからん。

 

わからんが、

いつかYさんが

「その混沌の中に突っ込んでいったら、もっと美しくなる!」

と背中を押してくれたことがあって、すばらしく元気が出たため

それを思い出して、お腹に力を入れたのでした。

 

いろんな出来事に遭遇したものの、ものすごく何かが静か~な一日で

そして肉も玉ねぎも入らないコロッケを

たくさんつくった日でした…

 

f:id:akikologue:20170805221343j:plain

作り途中…

なんだかこれは結構いけたよ