日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

あなたを寝に行く

(昨日 熱中症らしき症状で…ダウンしてました^^;

 ご心配おかけした各位、すみません、復活しました)

 

あるとき朝日新聞にたまたま載っていた詩が

衝撃的が大きく

とっておいたのですが……

なんだか、今こそ読まれるべき詩、である!(力はいってます)

 

「私の詩には真実や本音が書いてある。

私は普通の農民。なにも隠す必要がない。詩が私にとっての自由」

 

中国版LINEで発信されて中国を席巻。瞬く間に全土に拡散。社会的ブーム。

を巻き起こしたというこの詩。

詩は、通り抜けていく言葉だ

と、踊りの師匠は言っていたけれど、

この大洪水のごとく迫り通り抜けていく言葉!

 

f:id:akikologue:20170723204425j:plain

 

「自分の真意に従って生活できなくても、真意に従って詩を書くことはできる。

人に見せるためでなく、自分のために書いている。」(余秀華)