日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

never ending journey

早朝仕事の期間を今日で終えました。


文字通りの力試しにくわえ早起き試しでしたが、
ちょっときつかったです…( ;∀;)
が、よく頑張りました。
ちょっとやそっとではへこたれないぞ!!

そして本日はその足で、東京国立博物館へガイド。

ん?
東京国立博物館…?
タイ仏教美術の展示?

Σ( ̄ロ ̄lll)

こ…これは…

試されている。



奇しくも本日、とあるブログを拝読していた私、、、
https://ameblo.jp/ganeshagiri/entry-12292346654.html



シヴァ神がわたくしを試されている!


「仏像を見分ける力がお主にあるのかのう!?」と……


こ、怖い……


・・・ととっさに思いました。





と。


そんなことはなく。


今日は、常設の埴輪とか、琉球の髪飾りとか、勾玉とか、能面とか仏教美術とか、そのようなものを観て帰りました^^;

また、足に障害のある子の学校行事のガイドだったため、 
つまづかないか、よろけて倒れないかひやひやして展覧会どころではなかった………( ̄▽ ̄;)


くだらないお話で恐縮いたします。


さあて。
これからわたくしは、
Coccoのライブに行ってまいるのです。


                   ☆☆☆


Coccoのライブに行ってきました……


とてつもなかったです。


一体何を見ているんだ……と思いました。


なぜか私が唯一持ってない <手の鳴るほうへ> という曲があるのですが、

その曲始まった辺りで’それ’が来た。

たしかに、それとしか言い様のない'それ'がドカンと。


武道館全体が、彼女の息づかいに合わせて、細かく生き物のように動く。うねる。


わたしは放心状態になってしまい、

一緒にいたひとが案じたらしく

「魂がでかかってるよ」とゆりうごしてくれたため、戻ってこれた感じです


というか、、、

……Sさん、あんな素晴らしすぎる席を与えてくださり、ありがとうございます!!!!て、読んでないと思うけど^^;



自分の歌に、人を治したり救ったりする力があると、愚かしくも思ったときがあった

しかし、歌では山は動かせず人は救えないことがわかった

それでも、救われたという手紙がしこたま来るが

それはわたしの力ではなく、うけとるほうに力があるからだということが

わかった


「だから、コウ(Coccoは自分のことをこう呼ぶ)

は他力本願!みなさんは自業自得!!あれ、使い方違うかね~」


さすがは琉球芝居の大御所の孫。定評あるトークにもさらに磨きがかかっていた……


                     ・・・


最後の締めの「有終の美」という歌の節回しは、裏声も完全に琉球の節回しになっており、CDで聴くのと全然異なる印象で、ああ、琉球のお姫様なんだ、でもって唄者(ウタシャ)なんだなとおもいました……


ありとあらゆるものが、いまここで彼女に加勢し、

神は喜ぶ


そのさまを目撃して、

この瞬間は一瞬だが永遠でもあると思ってしまった。


それから、神様だけじゃないよね、いろいろ、聴きに来ていたと、おもい……


どんなにピタリと寄りそったところで、何かとひとつになった気はなかなかしないものだけど、

反面、こんなにすばらしいかたちで交歓は起きる。


そうだ、想いは時空を越える!


綺麗事上等!!


よおし!

勢い余って携帯で更新しちゃうよお~!!


ちょっと遠出をしてまいります!