日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

もっとも小さな者にしたことは、すなわちわたしにしてくれたことである

なんと……

わたしがヴォルス展にいった翌日に

偶然にも師匠も行かれたらしく

「すごいよかったわよ、言葉も素晴らしかったわよ」

とおっしゃいました。

そこでわたしは……

「わたしも行きました!すごいよかったです!」

というかわりに、こういいました。

「・・・あ、、、そうなんですか、ヨカッタですか…」

とっさにね。

 

、、、嘘八百六十九ですよねえ( ;∀;)

なんで素直に、

自分が思ったことを言えなかったのだろう?

 

コンマ何秒の間に

「よくそんな暇があるわね~」とか

「ひとの真似して…」とか

一通りいままで言われてきた言葉が想起されて

いわれたらちょっと説明するのもやだしな~と計って、

回避した部分があるわけです。

 

・・・^^;

あほらしいですよね。

あほらしさに泣きたくなりました。

滑稽にきこえるかもしれませんが、

…思えば、おそらくずっと、自分の感覚を信じる以上に、

こういう抑圧めいたもののなかに自分おしこめていたり

(仕方ない部分はあるにせよ)守りの体制に入ってたのかな、と

とても居心地の悪い思いをしました。

皆、そういうことってあるのでしょうか。

 

自分を曝せなくなった瞬間に守りに入って自滅する

ということが、私がこの何年間の間に踊りから学んだ

大事なことの一つ、でもあったはずなのに。

 

一例として、あげてしまっただけなので

この件に他意はないのですが^^;

ただ、あ、これはもう、(自分のあり方が)だめだな

こういうのはもうしたくないなとあらためて思った次第です。

 

ちょうどまた、タイミング的にももろもろの出来事も重なり合って

今いる自分のまわりとの関係のありかたを、

ある部分かえていく決断をしないとならなくなり

賭けみたいな波に乗った一週間弱でした。

これからどうなっていくのかは未知ですが、

でも、どうころんでも絶対大丈夫、心配ない、

あのひともこのひとも、そういってて、

わたしも、そう思います。

ほんとだよ~。

 

 

そんなわたしは

ここのところ暇さえあれば本を読んでました。

何か月か、何も読めなかった反動が来てるようです^^;

 

青山さんの恐ろしい体験記を読み終えた後、さらに

理性のゆらぎ』ときて『アガスティアの葉』を読みました。

なんとこれ、ベストセラーになったんですね……全然知らなかったデス、、、

 

そういえば、小学生のときに、たしかサイババさんの話題が

田舎の小学校にも出回ってきて

どんなお婆さんなんだろうと思ったような記憶があるのですが

おそらくそのあたりの出来事だったのでしょうか。

 

いちばん心ひかれたのは、

やはりアガスティアの葉のホロスコープのくだりでしょうか。

式場には、この地方を代表する寺院が用意されていた。

バスで一族郎党がそこに向かう。到着した我々新郎側を、新婦側の少女たちが、手に手に花と果物を持って出迎えた。そうしてシャシクマールを中に導きいれると、舞台の上にしつらえられた祭壇に座らせた。隣には、すでにクリシュナが座っていた。……

式のクライマックスは、互いのホロスコープの交換である。シャシクマールとクリシュナのホロスコープを、それぞれの叔父が持ち寄り、皆の前で交換する。このホロスコープには悠久の過去から現在、そして永遠の未来に至る、個人のすべてが含まれると信じられている。これを交換することは、まさに互いのすべてを与え合うことの象徴なのである。

、、、ほんとうにすごいな…って思いました、、、

それほどの情報がホロスコープに込められていることとか

ひとりの人間の持ちあわせてるものの巨さとか

この風習にもみえる古代からのならわしの意味にも、、、脱帽です、、、

 

昔のヤシの葉に書かれたホロスコープの写真がのっていたのですが、

蛇腹状になったヤシの葉に書かれているのですよ!?

見た目は御経のようです。

脱帽を撮り越して、もう脱ぐものない^^;

 

占星術も家系があり、

アガスティアの葉の管理も家系があり……

連綿と続く叡智なのだとおもうのですが、

いまもまだ、葉っぱはほんとにあるのでしょうか……

気にならないと言えばうそです、気になります。

 

でもこの本…インドに行ってなかったら、

眉に唾を付けてしまいそうだけど

まるっと納得している自分がおりました。

これがベストセラーになったこと自体、

すごい恩寵みたいなことでもあるんだろうなと思いました。

 

(タイトルは、本に出てくるサイババさんのことば)

 

わが家の屋上からの夕焼け。

f:id:akikologue:20170703191308j:plain

 

・・・すごい色彩でした。