日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

夏至の日に、混沌を抱えて

昨日は夏至だったんですよね。

何か荒れ狂っているみたいなすごい夏至でしたね。

 

何だかブログも今までは、

自分の中の過去を一回整理しようというような思考が働いていたのですが、

「それはもう、おしまい」

と言う声がどこからか聞こえました。

 

いよいよ混沌の時代に入ってまいりました。

 

毎日現象的に、いろんなことが起こり

きのうは電車に乗るとなぜか涙が出てくるので

自分でびっくりしていました。

 

そんな混沌を抱えたまま、夏至の日に、

わたしは

藤山家におよばれしに行ってきました。

 

(・・・小さい声でいうけど、

そんじょそこらの映画なんか比べ物にならないほど面白いですよ、「私のコト」シリーズ)

 

もともとは、整体でお世話になったところから、

いろいろあって仲良くしてもらって

その整体のことは、まだ自分の中で熟していないので

ちゃんと書けなくて恐縮なのですが……

(整体HPはココ Center of life | TopPage )

 

それまで。

わたしは「リーディング」なる単語も知らず

「サイキック」ということばも自分からは遠い話で

なんだかよく知らないまま、なにかが「行け!」というので

混沌を抱えて整体に伺ったわけなのですが、、、

施術さなかにいろんなことがまきおこって、

<ポチ>っとボタンが押され、

帰りの電車のなかでは震えを抱えて帰宅。

はじめて「リーディング」というのを体験したのでした。

 

そして藤山夫婦のことは一回書いたのですが

かんわきゅうだいその⑫

僕らはエイリアンズ - 日月日誌 hitsuki nisshi

 

こればっかりは会って話してみないと

わからないかもしれないな~。

みんな藤山家に行ったらいいのに。 

 

今日書きたいのは、

そんな夫婦のお嬢さんです。

そらちゃんのこと。

そらちゃん。

 

「今日ね、そらちゃん、今日、楽しかった!!」

「そうなんだ~楽しかったんだ~なにしたの?」

「ん~とね。

 忘れちゃった!

 忘れちゃったけどねえ、楽しかった。」

っていって、そらちゃんは笑う。

 

そらちゃんは、すごくモテるので、あっちからもこっちからも

遊ぼう、っていう声がかかる。

それで、遊ぼうって声をかける子は、そらちゃんを独占したがる。

「それでね、そらちゃんがこっちと遊んでいると、

むこうと話しちゃダメっていうんだけどね。

そらちゃん、それも忘れちゃってねえ、

そのうちむこうとも遊んじゃうの~」

 

っていって、そらちゃんは笑う。

 

「そらちゃんねえ、きょうは○×◀▽で3番だったの」

「それは何番まであるの?」

「ええと、○○君たちが1番で、▽◀が2番で、それで、そらちゃんが3番」

「一番さいごじゃん!」

「うふふ~そーだよ~」

っていってそらちゃんは笑う。

 

そらちゃんはDVDが大好らしいのですが

すすっとわたしの横に座って、ポニョみながら

「そらちゃんねえ、ポニョってほんとうにかわいいと思う」

っていって笑うんですよね。

 

そらちゃんは、何にも勝とうとしなくて、

それでいいんだと思ってる。

おかあさんも、おとうさんも、

それでいいと思っている。

 

忘れても、遅れても、さいごになっても、

そらちゃんはそらちゃんで全然それでいいと思ってる。

おかあさんも、おとうさんも、

それでいいと思っている。

 

それで…傍から見ていて実に

そらちゃんはとっても、

素敵な子、でした。

 

 

f:id:akikologue:20170621201712j:plain

藤山家、全貌!!! 

そして…

ゆっきぃの絶品料理!

f:id:akikologue:20170621121026j:plain