日月日誌 hitsuki nisshi  

akikootsu---来し方行くさきと今の日誌

endless shocks....

今日は、Mさんのことを

あっちでもこっちでも聞きました…

全くつながりの無い場所で、たて続きでして……

Mさ~ん!…いったい何者なのですか!!?笑

 

送っていただいた『チベッタンヒーリング

とても面白く、色々とさらっと書いてありますが…

実践しようとおもったら、とんでもなく高度な内容ですよね、、、、^^;

「ルン」ということばにわたしもとても思いいれがあるのです。

それから、地湧社さんの雑誌「じねん」の火の号

カタカムナを学ぶタンカ師の方の「ヒ」のことばが

非常に熱かった。

 

地湧社さんのHPの本をみていまして……

何だか、わたし、大分沢山持っている、、、と(@_@)

いろいろと出来事と共に重なり合っていて

正直怖いくらいに感慨深いです。

 

それから

はるかなるアルナチャラ… 

とかなんとか、わたし、言いたい放題言っておりましたが

今日、ヨガの教室に久々にいったら、なんと来年ツアーで

そこに行くんですよ、、、と先生がおっしゃるのです。

・・・

内心、びっくりしてしまって

言葉がでてきませんでした。

 

実は今日…

何故かいただいたアルナチャラの石を

マーラーの袋のチャックにいれて外出していたのです。

でも、開けて取り出そうかなと思った瞬間に

チャックが壊れて取り出せなかったので、

実はチョットおびえております。

あまり外にだしたらいけなかったのかなあ、

だとしたらゴメンナサイ。

あるいは……

チャックが開かなくなっているので、

取り出すには布を切るしかないのですが……

それをせずに、ずっと持ち歩け、というお達しなのでしょうか?

わからない…:;(∩´﹏`∩);: 

 

さらに本日は衝撃的な事実にもふれてしまい…

夜。以前働いていた会社の、

いちばんはじめに大変お世話になった上司が退職をする、というので、

瞬間的にでも顔を出そうと思い、

稽古をさぼって(すみません)

渋谷に行きました。

ひさびさの渋谷の喧騒にまぎれて、

今日ばかりはこの人ごみにまぎれて

取るに足らない塵みたいになっていく感覚が

ちょうど自分には合うな。

衝撃が人の渦に紛れて消えていくように思えて

ここに来れてよかったなと思いました。

 

さらには以前一緒に働いていたC先輩に会って

ピリっと働いている彼女をみて、素敵だなとおもいました。

上司のTさんには、頭をべしっと叩かれました。愛の鞭でしょうか。

 

以前、渋谷のスクランブル交差点で

「自分はどこにも接続されてない」

とおもっていたときは、

渋谷がほんとうに好きではありませんでした。

会社を離れる少し前くらいから、

渋谷という街をだんだん受け入れられるようになって、好きになっていたので

和解して離れられたんだな、

ということを再確認した夜でした。

 

さて。

偶然の連鎖はいったいわたしをどこに連れて行くのでしょうか。

 

いやもう、どこにだって行こうと思う

夏至の日です。