日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

つれづれなるままに

昨日は、ヨガの先生宅で、マントラを皆で唱える会があった。

ジャパ(聖名を唱えること)は日常になりつつあるけれど

惰性になってしまったりして^^;

 

とりわけ、日本では日常で目にする機会も葬式くらいでしかないから・・・^^;

やりこんだひとのジャパを近くで感じるのは刺激になるし

こういうペースでやればいいんだなぁってわかったり

人とやることでエネルギーも感じやすかったりする。

昨日は部屋がパキパキ鳴っていた。 

 

悟りを得るのに修行はいらない、ただ真我にとどまればいい

というのはたぶんほんとうだと思うのだけれど

すこやかであること、

自分を知ること、コントロールすること、

いつも神様に向かっていられるようにするには

よわっちい私にとっては

瞑想やジャパや祈りや身体の修行がどうしても必要だし

それをやっていたほうが、健やかで元気で楽しいってところにいきついた。

修行と苦行は別物だ。

そして修行と悟りは別物だ。

ってことを知っていればいいと思う。

でも手放しで真我に留まれる人なんているんだろうか?

いたら教えを請いたいよ。

 

そしてダンスってなんだろう、舞踏って何だろう、

なんでこんなにこだわってきたんだろうと考えていて

このあいだ急にそれに対する答えをもらった。

舞踏は瞑想だしタントラなんだ、

相反するものをひとつにまとめあげること。

自分の中のカオスを観る事。

そっかーと自分の中で納得した。

 

相反するものをちゃんと知って統合することができたときに

ものごとは全体を見せてくれるようになるんだと思う。

そして身体のなかにはそういうカオスが存在してる。

だから先生は「1を知れ、1を知ればあとはなんでもできる。

1を知らなければ何をやっても何にもならない」というんだとおもう。

 

でも、じゃあその1っていうのは、苦行を何十年もしなければ

みつからないのか、といえば

「ちがうよ、いまここにある、もっとも近くにある。もうあなたはそれを知ってる」

という答えがどこからか返って来るので

ほんとにやっかいだ。

いや、ほんとにシンプルだ。

ええ?どっちなの・・・?

というすばらしい混乱がやってくる。

 

さらに

神様は優しくて、愛にあふれて、すべての人を許す

というのは、ほんとうだけども

その愛し方というのは、人間の理解をはるかに超えたもので

人間から見たら超残酷でおどろおどろしい苦悩や絶望であったりするし

さらに、神様はジェントルマンだから、自分を求めない人には近づかない。

こちらから近づいていかないとならない。

だから、人はすべて救われているなんてことはない。

神様があると思っていない人に神様はない。

単純だ。

わたしたちだって、日常で神様がなくなることなんてしょっちゅうだ。

だから、常に意図していたいと思う。

 

すこしずつすこしずつ、

ほんとにもどかしい気持ちとともに

神様につうじる回路が開かれている実感はあって

それはとりもなおさず、自分に通じる回路がひらかれていくことだと思う。

前進はなく後退もなく、ただ神の恩寵だけがたよりという

このつかみどころのなさ!

すごいね。

 

でももっとこの世界の

神秘をしりたい。

自分がなんであるかを知りたいと思う。

 

そして、昔のI先生の文章を見つけた。

修行時代をほうふつとさせる今にはないくらいの厳しさがあって

なんかちょっとすごい。

http://taranath.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_9319.html

 

 

 

 

 

 

木場公園でダンス。

みなさんこんにちは!

なんとか生きながらえております!!


暑い日が続きますが、

お元気ですか。

 

さて。

9月16日12-14時のどこかで

アースキャラバン2018(@木場公園)にて

ダンス・ワークショップをする運びになりました。

 

私が個人的に外部でするワークショップは初めてなので、恐ろし楽しみです。

そんなに広いところではないし、テントの下だし、

どんなことをやろうかなぁと考えながら、でもそれが自分にとっては

踊りを取り戻す作業になっています。

ほんとうに、ありがたい話です。

 

(そして、どなたか野外でコンセント無しで使えるデッキとか

スピーカーの類、持ってないでしょうか・・・!?買わないで済んだら大変助かります!)

 

誰でも参加していただけたら嬉しいなと思っているので、

詳細が決まりましたら、また告知します。

収益の半分はアースキャラバンと戦争で傷を負った人の支援になります。

 

ひとりの僧侶であり指圧療法家であり音楽家であり元家出少年でもある

遠藤喨及 - Wikipedia さんが発起しています。

このpdfを読むと、だいたいのことがわかります。

これほんとに、すばらしいです↓

https://endo-ryokyu.com/wp-content/uploads/2017/07/200ryokyu.pdf

 

わたしは、植原先生の所でこの方の指圧の本をみつけて

指圧を受けに行った際、

こちらのお坊さんであり、療養家の Yさんが

「デスクワークはよくない」そして「コーヒーはほんとに身体によくない」

となんにも言っていないのに言うので

当時 きまりそうだった珈琲の会社を辞退したという経緯があります(笑)

 

その後、念仏にいったり、WSに行ったり、

りょうきゅうさんの話を聞きに行ったりしているうちに、

そんな流れになりました。

前にも記事にしてましたね。

http://akikologue.hatenadiary.jp/entry/2018/03/25/004201

 

タオサンガのHPには、ほんとうに珠玉の説法がたくさん載っています。

どれほどの勇気を貰ったことか。


特に「住職に聴く!」が秀逸です。


和田寺タオサンガ道場 | 人生をアートする!

 

本来、集団のトップになんてまるでなりたくなかった人が

運営する「集団」のあり方は、すごいです。

 

仏教の最先端、極北をひた走ってると思います。

 

 

アースキャラバンという壮大なこころみはこちら。

Earth Caravan 2018【Earth Caravan:アースキャラバン】

 

 

四の五の言わんと

この期に及んで、新宿K国屋 あやしい本がたくさん並ぶコーナーに

行ってしまった。

 

しかし、、、

ラクルカードってすごいかもしれない。

 

 

5月、日本の神様に逢いに行く前に

日本の瀬織津姫饒速日カードをひいたら

 

クリシュナが出てきた…事件は、記憶に新しい(私の^^;)。

 

こちらです:

あっこさん、日本のかみさまに会いに行く~の巻 その① - 日月日誌 hitsuki nisshi 

 

f:id:akikologue:20180425195423j:plain 

 

その後、7月。

 

目覚めたら「主の平安」の中にいた出来事のあと

引いた「バガヴァット・ギーターカード」ででてきたのは

 

 

バクティ

 

 

こちらです:

7月をむかえて・・・’とりなし’ とバクティ - 日月日誌 hitsuki nisshi

 

 

f:id:akikologue:20180704190410j:plain

 

 

そして8月。

 

この暑さと 身の振りがまったくもって未定な今日この頃、

引くのはこれしかなかろう!

 

 

ということで手に取った

 

デデーン! 

LOVING WORDS from JESUS  ジーザスからの愛の言葉!

 

 

さあ!

 

さあ!

 

 

どんな言葉をあなたはわたしにかけてくれるのでしょうか!!

 

 

汝の敵を、、、

 

とか

左の頬をぶたれたら、、、

とか、はたまた

あなたがわたしを選んだのではない

わたしがあなたを選んだのだ 

とかってやつかい?

 

? 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

ドーン!!

 

 

 

 

 

 

f:id:akikologue:20180802160049j:plain

 

 

 

神を信じなさい。

(マルコ11.22)

 

…('Д')

 

 

はい、一番シンプルなのきちゃったよ 

 

 

クリシュナ→バクティ→神を信じなさい。

 

 

 

これって

究極の教え的なやつっすよね・・・

 

 

有無をいわさないところがほんと、神様。

 

今すべきことは

 

 

神を信じ愛すること。

 

 

以上 終了 ^^;

 

 

 

で。

勢いでこれを買っちゃったよ、、、、

図書館で借りればよかったかもしれないけど、、、、

読みたかった…(けど2500円もした)

f:id:akikologue:20180802234234j:plain



 

 

 

 

 

 

7月末の身に降りかかる四方山話

ついに。

延びに延びているお給料がまだ入らない、、、

真夏の怪談のようなお話ですが

つ…ついに来たか!

人の未払いを心配している場合ではなかったか!笑

身の振りを考えないといけませんね。

この猛暑に。

ワクワクします。

 

ここのところ、体調は絶好調だったのに、

昨日夜から猛烈な頭痛と吐き気に襲われ、今日起き上がることが出来ず

久々に寝床で七転八倒してました。

…無関係でないような気もします^^;

 

やっと今起き上がることができ、

一歩外に出て、コーヒーゼリーを買ってきました。

 

わたしはほんとに、もろもろの影響がすぐ体調に出るので

サダナ積むしかない。

頭がガンガンして瞑想はできないので

4時ころに這いながら神様にジャパとお祈りをし て

サ〇イババさんのガヤトリマントラをエンドレスリピートにしました……

 

さらに本日。

魂の伴侶メープ氏が帰国。

既婚者なので、

わたしはたいへん微に入り細に入り気をつかって接しているつもりなんですが、

今回の来日で、ちょっと微妙だった関係性が正常化したように思われます。

いつも、メープ氏の来日を一緒に楽しんでくれる友人Mに感謝。

彼女は、メープの学校にたくさんの古着を提供してもくれました。

 

 

そして、昨日は、ザビエル神父からまた手紙がとどきました。

先日、神父に手紙をやっと書きあげておくったばかりでした。

わたしはほんとうにお人よしなんで

K氏に頼まれ、本を一緒に贈ってあげたので、

それに対するお返事でもありました。

 

ザビエル神父のびっくりな経歴はこちら。

君は聖書を読んだか? - 日月日誌 hitsuki nisshi

 

ザビエル神父の今回の手紙は、またびっくりするほどのことが。

 

なんでも、父親が死ぬときに帰郷し

「わたしの過ちがあったら許してほしい」と神父が申し出たところ

「秘密がある」

と逆に打ち明けられ、母親が死ぬ前に

「わたしの子5人のうち、だれかひとりが神父になることが私の希望です」

と父親に言ったということを知ったのだそうです。

それを子供に言うことなく、また、

だれひとりそのような興味をもたなかったのに

神父だけが、突然、偶然の出来事から神父になり、

父親が死ぬ前に、それを打ち明けられるという壮大なストーリー。

 

そして、「わたしは聖地の巡礼はあまりしたことがないのですが、

巡礼したことのある方の話を聞くと、自分でもいったような気になれて

とてもうれしい」

と書かれていて、ほっとしました。

 

神父もK氏も、自分のストーリーテラーということではいい勝負なので、

引き合わせても、どちらも人の話を聞かないだろうなと思っていたけど、

失礼ながらやはり神父が一枚上手に感じられました。

…そりゃそうですよね、人の告解を聞くのも仕事なわけだし。

人の人生に耳を傾けることのできる能力ってほんとに大事だと思いました。

 

あきらかに「ザビエルの意図」そして「キリストの意図」を感じます。

そして、やはり「マリア様の意図」もあるんだろうなと思います。

わたしたちは、気づいていないだけでほんとは

操り人形なんだろうな。

 

昨日昼は、ヴァラナシのアラティを執り行う

シャームさんの最後のクラスだというので参加してきました。

最後だったからか、すごい人がいた。

人は、自分よりもオーラの大きい人に従うようにできているのだそうです。

だから、シャームさんも、自分よりオーラの大きい人には

ただ、従います、と。

 

シャームさんは私よりも若い。

しかし、その道では超エリートだ。

まとっている空気は「シャンティ」で、たぶん、みんなそれに触れたいのだ。

(シャームさんがイケメンであるのも大きいと思うが)

 

さらにいえば、シャーンティで無垢なものに

ひとは惹かれるのだとおもう。

 

産まれたときの「シャーンティで無垢その1」から

だんだん人は、常識や概念や知識やその他諸々のいらないものを

鎧のようにまとって、武装してく。

そして、それをもって「大人になる」とするのが世の常で

日本の教育システムみたいなのにのっかっていたら

多かれ少なかれそうなってしまうの仕方ないと思うけど

 

そうじゃなくて。

 

大人になるというのは

その鱗みたいな鎧をいちまいいちまいひっぺがして

ついには「シャーンティで無垢その2」の状態にもどるのが

大人になるということなんだと思うのだ。

 

それは、その1と状態はいっしょだけど、経てきた道があるから

その2はもっとアダルトな状態(笑)でのそれになっていて、

人を惹き付ける存在になるんだろうなと思う。

 

それには地道な努力と体当たりと失敗とたぶんそれを

楽しめる心の余裕とマザーの助けが要るけれども

どんと来い!

ぜひ、そういう状態に戻りたいですね。

ビバ!シャーンティで無垢!(略して無垢ティ!?)

 

 

実家から届いたももとぶどうをうちの仏壇に供えました

(いただいきもののクリシュナのためのクジャクの羽もなぜかここに。)

f:id:akikologue:20180728153026j:plain

できるだけ無計画でいたほうがいい件

昨日26日は、マヤ暦で「宇宙新年」だったそうです。

前25日は「時間が外された日」。

 

時間が外された日というか、打ち合わせがなくなって

時間が空いた日だったんですが…^^;

そのおかげで、スーフィーの物語を一日で読み切れたんだった。

 

現仕事のけじめをつけなければいけないと思い

それについての話し合いを提案してから、

それについて意図的に話題がそらされているなと感じてから2週間強。

 

関係者への支払いが滞っていたりするのを

自分が関与した人について気をもむ部分と

自分についても同様の懸念ももちろんあるし

もーこりゃほんとに心身にめちゃくちゃよくない……ヤバイと思い

自分を鼓舞して、動き 、なんとか今日 話し合いにこぎつけ、いちおうの区切りのめどがついた。

 

職場にいったらシャッターが閉まってた事件(これね↓)から

はや2か月。

 

もう2か月もたったんだ……。

 

5月は関西に行ったり、皇居に行ったり、

アンマにあったり、仕事詰まったりいろいろしていた。

 

6月はめちゃくちゃ調子が悪かったり、

どこかで癒し忘れた部分から涙がでまくってきたり、終息させるのにあわあわしてた。

 

7月は体の不調がおさまり、調子が上がったうえに、

ルーティーン化していた

踊りの仕事が消えたので時間に恵まれた。

 

今までのわたしだったら、この時間に焦っていろいろ用事をつめこんだり

踊りの仕事をいいつけられたりして無いものになったり

なんだりしたんだと思うけど

今回は

全然しなかった!

 

これ書くのけっこう勇気いるんですけどね、

 

うまれてからこのかたしたことないくらい

だらだらしてたんですよね。

 

気が抜け力が抜け

何にもできない、何にもしたくないという感じ。

 

そして、案外それが大丈夫だったんですね。

そこにちょっとびっくりしている私。

 

そしたら…

 

身体が休まった。

 

そしたらあたりまえだけど……

 

思考が鎮まった。

 

そして、

身体ってやすませるとちゃんと休むんだ。

休むってこういうことなんだ。

だいぶ楽じゃん・・・・・

 

と思った。

休め、緩まる身体をもてるようになった、

っていうことでもあるんだと思いますが、、、

 

「何かやってる」手ごたえがない空虚を受け入れられずにとる休息って、

ある部分、ほんとの休息じゃないんですね。

 

積極的休息って、すごいこれ休めるのね…

ほんとにありがたかったです。 

 

すこしずつ気力戻ってきました。 

 

 

更にいうと

和平先生が以前

神様の言うことをきけるようにするには

できるだけ無計画でいたほうがいい

と言ってたことの意味がなんかすごい身に染みてわかった気がする。

 

神様の変化球をうけとめるためには、ある程度の

空白と余裕と瞬発力

が必要なんだってことが。

 

そうは言ってられないけどね。

ん?

そうは言ってられないのかな……?

 

それってほんとにそうかな。

 

少なくとも、

空白と余裕が大事っていうことをこころに持っていることは

できるなぁって思ったよ。

 

あと、なんとなく、神様についていこうと思ったら時に

「チクっ」っときたときに瞬時に手を伸ばして

蚊を抹殺するくらいの瞬発力でもって

 (アヒンサーどころではありませんすいません)

動くことが求められたりすると実感してる。

 

思考を入れたら即アウトだ。

それを、ここ2か月くらいでいくつもの失敗とともに痛感いたしました。

 

 

 

そんなこんなな今日は

なぜか最近気になって仕方がない

サ〇ババ大先生のこんな本がアマゾンから届いた。

 

f:id:akikologue:20180726225000j:plain

 

わたしは、ずっとババ大先生を敬遠していました。すいません。

(だって…こわいんだもん!あやしいんだもん!)

 

でもほんとにここのところ妙に気になって仕方がない。

 

そして、この本を読んだら

すんごい響いてくるんだよね……

これ こどもたちに届けたいと思ったよ、、、

 

眠くなってしまったので、明日書きます…

 

 

母の本気。

今日は打ち合わせがあったのですが、急きょ明日に延期になり
時間ができたので、四谷でお祈りをしてから、
I先生おすすめだという
ずっと読みたかった、スーフィーの教えの本を手に取りました。
 
 
 
 

f:id:akikologue:20180725221942j:plain


 
 
毎月25日は、21:00~マリア様にむけてお祈りをします。
聖母マリアの秘密のK氏主催で全国規模になっているようです。
 
そのまま、家に帰るまで読み進めて、
20:50になったら本閉じようと思っていました。
 
20:45 こんな一文に行き当たりました。
 
明日、我々は旅を続ける。計画は変わった。エフェソスへ行き、マリアを訪ねよう
 
・・・マリア?ってあのマリア?といぶかしく思って読み進めました。
 
今日 旅の第二段階を始める。イエスが十字架にかけられたあと、聖母マリアが暮らした場所へ行くのだ。そこには小さなチャペルがある。普通、私のところへ学びにくる人には、私のところへ行く途中でマリアを訪ねるようにと言っている
 
・・・あのマリアだ!と解り、不思議な偶然に意味を感じたので、20:50になっていたけれど、読み進めました。
 
すると、こう記してありました。
 
 神へ到達する道は数限りなくある。しかしマリアの道は甘美で、しかも最もおだやかな道なのだ。
 もし君がマリアと一体になることができれば、すなわち、すべての源、生命の基、聖なる母と一つになることができれば、君はキリストに生まれ変わり、キリストが君のなかに生まれる。そして神の慈悲の息をあびて、君は産まれ、神を知る。
      ……
 マリアは聖なる母である。この我々の住む世界のあらゆる形の中にひそむ、聖なる可能性の源である。
 マリアが人々に認められることが必要なのだ。君の全存在をかけて、君のすべての部分、心、知性で、魂で、神を愛することを学びなさい。
 
……君がずっと探し求めてきた’神の仕事’とは、’神の聖霊であり、’神の聖霊’とは、世界を救うためにやってくるキリストの事である。永遠のメッセンジャーは常に自己の内にあって’神の言葉’によってその時が始まるのを待っているのだ。そしていつかマリアが再び認められた時、キリストが再現するだろう。マリアが誰か覚えていなさい。
     
そして、いつか、君に準備ができたとき、すなわち神がそう意図された時、君が私がこうして話したことを理解するだろう。

 

 
スーフィーの物語に、突如、マリア様が出てきて、
そして、「マリアが誰か覚えていなさい」という。
 
君のすべての部分、心、知性で、魂で、神を愛することを学びなさい。
そして、それと一つになるようにつとめなさいといわれる。
 
これを読み終わって、21:55、本を閉じて、祈りを始めました。
 
これがマリア様からのメッセージでなくて、誰からのメッセージでしょうか?
 
 
昨日、ギーターを読み直していると
やっぱりここなんです。
 
わたしに熱い信仰をもって
すべての行為をわたしのために行い、
常にわたしを想い、
常にわたしを礼拝し 瞑想する者たち
常に心を わたしに結び付けているものたちを
プリターの息子よ
わたしは速やかに
生死の海から救い出す

 

アルジュナちゃんに対して、
大いなる方がこう言うんですよね。
 
ほんとに 神様は本気なんだと思いました。
 

生命体はダンスする。

人間って完璧。そしてマジで愛しかないよね!

ってことを

この子たちは、体現してると思う。

 

 美とか愛とか調和ということばを

本気で、ここに、使いたいと思う。


 

ハンディキャプのクラスは追放になっちゃったけれども

この10年、

彼らからおしえてもらったことは、ほんっとに

大きいんだ!

 

なんにもしなくても、ダンスしてるよ、ねえ?

存在そのもので。

 

そこに行きたいな。