日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行く今と日々のアーカイブとして綴っています

とりとめないここ2週間くらいの出来事と雑感など

みなさまお久しぶりです。

 

悲しみの爆弾が、地雷のようにあちこちにまだ埋められていることを思い知らされ

それが数発の大爆発を起こした時点で、

めったにしないのだけど人に助けを求めたら

冷静に自分のやり方の見直しを迫られました・・・

 

わたしは悲嘆にくれつつその地雷のような「悲しみ」を

ひとつ、ひとつ、見て昇華させないといけないんだろうなぁ、、、

もう人生かかっても終わらないかもしれないよなぁ、、、

と思っていたのだけど、そんなもんではなさそうです。

 

なんでアンマに会ったのかということの意味を

もっと考えよ、という出来事だった気がします。

 

が、しかし。 

そうこうしているうちに

逃げ場が無くなったために臨界点に達した身体が反応を起こし

頭痛と嘔吐と倦怠に襲われながら数日を過ごしていました。

 

気持ち悪さの元をたどって、吐き出そうとしていたんだけど、

あまりの気持ち悪さにリラックスするスキがなく

神様!いるなら助けてよー!と布団の上で泣き出す始末。

こんな気持ち悪いのはここ数年なかったです。

 

しこたま神様に悪態をついていたら(スイマセン)、

少しずつ緩んで行くのが感じられて

なんとかしのぎながら過ごす間、

自分がまさか手を延ばすことになろうとは想ってもみなかった、

バルバロ神父訳『新約聖書』と『キリストにならう』とに

向い続ける時間が続いた。

 

メジュゴリエで出現されるマリア様は毎月25日に

全世界に向けてメッセージを出されているのだけど、、、

「心を開き、聖書を読みなさい」

とおっしゃっていたので、図書館から借りてきていたのでした。

読めるのかな?と半ば疑問に思いながらも、

「聖書」に救いを求めている自分、、、

1年前には考えもしなかった事態です。

 

が。

ふと「ヨハネ福音書」から目を通してみたら、

まるで遠いところの存在だと思っていたヨハネ

「あなたたち」

と語りかける言葉が、

そのまま、直接、自分に向けられている言葉みたいに染みてきて

夢中で読みだした。

自分が聖書をこんな風に読んでいることにほんとにびっくりしました。

 

更に『キリストにならう』を読むと、これはまるで

クリシュナの教典をバイシュナヴァの先生にならっていた時に教えてもらったことが

そのまんまここに、クリシュナ→キリスト

となっただけで、著されている。

そして、何の抵抗もなく読み進められる。

 

いまから思えば、三年前

「バガヴァット・ギーター」を読んだときに受けた衝撃が、

精神世界というものの存在を真っ向から教えてくれたのだけれど

今回は同様に、、、

聖典の揺さぶりは、ほんとうに、不思議かつ、深いものだ、、、、

と再度思いました。

 

 

 

出会いはいろんなところで絡まりうねりつながっていきます。

 

そもそもこんなふうにキリスト教(というか、聖母を通したキリストの教え)

に出逢うなんて予想もしてませんでした。

 

マリア様の本気度は本当にすごくて(それだけ終末なんだろうと思いますが)

いつの間にか本当に自分はマリア様のみこころのまま動かされている感覚があります。

そして、アンマとの出会いがそういう流れの中で何の齟齬もなく

自分の中で片付かなかった問題を、まとめてくれた。

 

 

以前、魂の伴侶メープ氏が、

「あなたのまわりは白いもやみたいにいろんな神様が寄ってきていて、

自分の弟子にしたいと思っている。

だから、そういう神様同士でちょっとしたいさかいもある。

だから、あなたが何か「一つ」に決めたほうがいい、

そうすれば恩寵は一つにしぼられてあなたに流れる」

と言っていたのだけれど、

アンマに出逢ったことで、ようやく、自分の中でその<ひとつ>が

なんの気後れもなく、確定できた。

 

そんな気がしてます。

 

そうこうしているうちに、ようやく元気を取り戻しました。

メープしも、まもなく、また来日するそうです。

悲しみの爆弾は吐く息と一緒に

悲しみの波みたいなのが、どこに仕舞われていたのか、

自分の中からどばっと出てきている。

 

理解されたい、愛されたい、認められたい……のような気持が

まだまだ自分の中にたくさんあるんだなぁみたいな発見をしている。

そして、そういう波がきたときは

それがどういうことを自分に教えてくれているのかを、

神様が、いろんなところで教えてくれるのだ。

 

今日は、そんな気持ちを抱えたまま、間に合わないかなと思っていた

ルン・ルに遅刻したけど行ってきた…。

わたしは整体にここ半年くらい行っていないのだけど、

それはルン・ルがその代りになっているからだ。

 

すでに始まっている会場は

空気が停止したみたいに凪いでいた。

私の身体はすぐに反応して、床に寝るとどんどんどんどん、

意識が無くならないけれど遠くになっていき、体が床にめり込んでいく。

体が今回は微動だにしなくてただ、ただ、深く深く深く沈んでいく。

意識はかろうじてあって、呼吸はとても小さく少なくなる。

 

今日は神様には、どこにいったら会えるんだろう!みたいな気持ちが

焦りのような思いと共に登って来たり

どうして、光がくっきりみえないんだろう?

とか思っている自分がいたり、

愛するってどういうこと?

みたいな気持ちが

「私」が遠のいて身体は沈んでいく途中に

持ち上がって来たりした。

 

終わった後、質疑応答みたいな時間があるのだけど

「わたしはもう全て今ので出し尽くしましたので、みなさんから何か

出して頂く時間です」

と、先生は言う。

 

今日は、たぶん、はじめてきた若い女の子が、気持ちをはきだしてた。

途中でトイレに吐きにいったとも言ってた。

「わたしは人が言っていることに、どうしても否定的な気持ちを持ってしまう。人を受けれることなんてできない。ずっと学問をやってきて、医師として働き始めても、ひとの言っていることにどうしても納得できなくて、それを院長とか、上司に言ったら辞めさせられるし…とにかく、今のお話も、否定的な気持ちをもってしまって、どうしていいかわからない」

 

なんか…わかるなぁ、ほんとにわたしも10年前くらい、この子とおんなじようにとにかく教条的なことをいわれたらすべてに反発してた。

そして、その反発が活動の原動力であったし、

自分が生きている証みたいなものだった。

懐かしいと同時に、わすれちゃったらだめな気持ちだ!

とも思ったのです。

 

それに対して先生はこういった。

「人がどう、自分がどう、っていうのも、全部余分な力です。お釈迦様の説いたことは「八正道」、右でもなく、左でもなく、その真ん中で、自由です。固まらない。

だから、やることはほんとうにたった一つです。

吐く息と一緒に、余分な力を解き放つ。それで、十分です。

あなたは、最先端です。これからは、人に認められるようなことやってちゃ、だめなんだ。」

そういって、「水の飲み方」を教えてくれた。

自分を知るための方法として。

 

もしわたしがこの子だったら、

この一人のおじいさんの今日の言葉にどれだけ励まされただろうと思う。

 

先生の言葉には、言葉の後ろ側に、自分で考える余地が必ず残されていて、

それを見つけに行く喜びも残されていて、絶対に安易に「正解」を渡さない。

 

わたしはそれを聞き感動しながら、あぁ、…と思った。

これは、わたしにとってのメッセージでもある、と。

 

わたしは悲しみを手放したくなかったんだ、と。

悲しみを手放してしまったら

今まで固めていた自分を壊す必要がある。

それよりも「悲しみを手放さないでいる事」で

安心できる場所があって、だから、いつまでもこの

悲しみという「余分な力」を手放さないんだ。

 

そうおもった。

と同時に

やってみよう、と思った。

 

悲しみを吐く息と一緒に解き放ち

しがみついてた過去を吐く息と一緒に解き放ち

見通せない未来への不安を吐く息と一緒に解き放ち

愛に飢えてる自分を吐く息と一緒に解き放つ

ことを、ほんとにもう一回、自分の身体とともに、やろう、

今、それをやるときなんだ、と思ったのです。

 

 

余分な力ばかりの自分ではもうこの先にはいけないです。 

どうか神様、アンマ、わたしがほんの少しでも

あなた方の近くにいけますように。

世界でいちばん美しい村

ここ数日間、さまざまなことが巻き起こるなかで、

体調が崩れ、ここ数年で一番心も落ちこんだ。

誰かが自分の中でオイオイ声を上げて泣いているもんだから

ちょっと泣いてしまった…(あちゃー(/ω\) 

 

が。

が!!

アンマのダルシャンのお陰か、ハートだけはずっと暖かい。

これはすごいことだなぁ…と、思う。

ここが暖かいと、落ち込みながらも浮上していられることがわかった!

そして、にわかにそんな自分を観察している自分すらいる。

あたし少しずつ成長してるのねー・・・・

と同時に、アンマの存在が、ほんとうにありがたいです。

 

そして、今日は、おいしいインドカレーをご馳走になりつつ

インドのブラマチャリーからいろいろとお話を聞きました。

あーもっともっとつっこんで話したかったなー

でも、楽しかったです。

 

さて。

今年の2月に「世界でいちばん美しい村」という映画を見た。

世界でいちばん美しい村予告2分バージョン - YouTube

 

ネパール大地震で壊滅状態の村を訪れた写真家が、

はじめてスチールでなく、映画を撮ったのがこの作品で、

アシュバドルという男の子の家族や、村に通う看護師、神秘的な風習や

ヒマラヤの大自然を、取りいれながら、復興へと奮闘する人々を撮ったものです。

すばらしい映画でした。

 

取り分け、ガトゥと呼ばれる穢れのない少女が、

グルのマントラによって、意識の無い状態からからだを揺らしながら

動きはじめるダンス(ラプラック村でもっとも重要な「儀式」)は圧巻で、

踊りの初源がここにあると思った。

美しかった。(1:20付近に予告編にもちらっと出てますね)

f:id:akikologue:20180607223540j:plain

 

ハニー・ハンティングという、崖に生息する蜂の蜜をあつめるハンターは

特別なマントラを唱えながら狩りをする。

もう蜂が辺りに凄まじいのだけれど、

あるマントラを唱えているハンターの周りだけは、蜂は近寄ってこれないのだそう。

(1:30過ぎです!圧巻)

f:id:akikologue:20180607223616j:plain

 

被災している場所に住む少女と少年がメインの人物として描かれているけれど、

彼女をみていると、生命力のもつキラキラした輝きが心を打つ。

 

家族全員で歌を歌ったりするシーンがあるのだけれど、

「演出」とか「やらせ」でできるような場面ではなくて、

ほんとうに歌いたくて歌っている光景がそこにあった。

 

 

「世界でいちばん美しい村」という、

文科省推薦道徳教材のようなタイトルであるこの作品のタイトルを上げて

作家の田口ランディさんは、こう推薦文を書いていた。

 

「これは『美しい』を美醜の領域に貶めてしまった人間に対する、

監督からの挑戦のように思えた」

 

わたしが観た回は、最後に監督の挨拶があった。

監督は最後の最後でこう言っていた

(たぶんどこの回でもこれだけは言ってるんじゃないかなーと思う)

 

「ラプラック村は、ヒマラヤのある場所にある村です。

ですが、世界で一番美しい村は、あなたの心の中にあるのだと思います」

 

これは、ドキュメンタリーという形式を取っているけれど

監督の目によって構成された「物語」であって

この村は実在しているけれど、その現状の詳細なルポよりも

もっと伝えたいことがあって、

それを表現したのだと思う。

 

リピーターがものすごい多いこの映画は、たしかに映像がきれいで

メッセージがわかりやすいかもしれないけれど、

ただ、被災地でひたむきに生きる人々の美しさを取っただけでなくて

わたしたちの心の中にある「美しい村」を呼び起こすための

祈りみたいなものが含まれているとおもう。

サインしてもらった監督の目が

キラッキラしていたのがいまでも印象にのこっている。

 

わたしはこの映画が、被災地や、ネパールの人々の今についての

ルポルタージュ」じゃなくてホントによかった。

それはまた、別の人の仕事だと思うから。

 

わたしのなかに埋もれていた「美しい村」を掘り起こしてくれて、

ホントによかった。

 

ありがとう、「世界でいちばん美しい村」。

 

f:id:akikologue:20180607223602j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンマのダルシャンその④

何か…アクセス数が未だかつてないほどのもんのすごい数になっていて

これはアンマの効果としか考えられないのですが・・・

そんなにすぐ単語でヒットするもんなんでしょうか。仰け反りました、、、、(^^;

 

さて「アンマ」のダルシャンについて その③ です!

インドという国は本当に不思議なところで、有り得ないことがふつうに起こってしまう場所だと(体験を通して)思っています。


アンマのダルシャン会場は、インドのアシュラムに居るような気持を覚えます。たくさんのディボーティ(信者)の方々がボランティアとして献身的に働き、全国各地からたくさんの物が集まり、場はバラとインド特有のインセンスの香りで満たされています。

今年は、私は、人の勧めもあって3日間、朝から晩までダルシャンで使うバラの花びらをより分けるセーヴァ(sevaservice)などしながら会場にいました。(3日間もムチャな!と思っていましたが無理くり時間を作ることができてほんとにラッキーでした。)

 

1日目のダルシャンで緊張しながら手紙を(貰われなかったらショックだな)などと思いながらと差し出すと、アンマは目を細めて笑ってそれに口づけをしてくださいました。最大級の祝福だ!と思い、目的を果たした気がして、その晩遅く家に着くと、疲れでバタっと布団に倒れ込んで寝入ってしまいました。

突然真夜中にハッと電気が走ったように目をさましました。普段、そんな風に起きることはまずもってないのですが、その時に、笑ったアンマの顔と、手紙への返答としか思えない言葉が私の中にバッと流れ込んできました。それは「アンマからだ」という確信めいた気持ちとともに、私に残っています。アンマの抱擁は単なるポーズではなく、全身全霊での応対だと、私にはそのように感じられました。

 

2日目は、アンマご自身のバジャン(ヒンドゥー教の神々への讃美歌)がありました。雨の影響などもあってか、1、3日目に比べて来場者は少なかったのですが、夜の講話とバジャンは3時間に及び、時折空を仰ぎ、恍惚状態で神様の名前を呼ぶアンマの様子は、神々しくて、時折ダンスを見ているような感覚になりました。バジャンをすると、自分自身にもエネルギーがより周るので、ほとんど「酔っ払い」状態の私…

 

3日目は最終日で、この日は祭典が執り行われ、「聖水」が配られます。この日だけは祭典が終わると、アンマは白のサリーから「デーヴィ」(女神)の衣装を纏いダルシャンが行われます。
以前、最終日に来た時は来場時にすでにカップに入った聖水が配られていた状態でしたが、今回は式典の流れの中でアンマがまずご自分でプージャー(火の儀式)をし、その後3つの大きな水差しを抱え、その場でその水に神聖なエネルギーを降ろし、満たしていく様子を間近で見る幸運に恵まれました。目を閉じてじっと祈りを捧げているアンマは、「通路」になっておられることがはっきりとわかった。それはそれは、吉祥な時間だったと思います。
エドガー・ケイシー
は「祝福の水路になりなさい」と言われましたが、それが何を意味するのかが、アンマと時と場を同じくすることで、わかってくるように思われました。

 

アンマが人々に与えるマントラは「ビージャ・マントラ」で、ビージャは種を意味します。アンマが耳元でささやきエネルギーを吹き込むことによって、その人の中に種が胚胎する。その種がどのように育つのかはその人次第なのだと思います。ふわふわした善意や都合の良いスピリチュアルとは一線を画す、アンマの身を削るような「献身」に応えるにはおそろしく時間がかかることだと思うけれど、その「種」がどんな植物になりどんな実をつけるかは日々の行為と選択の先にあります。
最後の日の抱擁が終わったのは午前3:30。朝日を見て岐路に着きました。

 

諸々のことを一先ず脇においてこの場に3日間居いられたことと、アンマを教えてくれ居合わせることを強く薦してくださった方々に、この場を創り、陰で支えつくしてくれたスタッフの方々と、日本に来てくださったアンマに、深く、感謝申し上げます。

以上!

 

f:id:akikologue:20180602224545j:plain

アンマのダルシャンその③

「アンマ」のダルシャンについて その②

 

 

今年のアンマのダルシャン会場は、昨年・一昨年と違いものすごく穏やかで落ち着いていて、一貫して「凪」の空気があったように思いました。その中で、アンマの登場と儀式の進行の中で静かにエネルギーのうねりが押し寄せる、、、

 

とはいえ、アンマご自身は白のサリー一枚をさらっと羽織って、まるで誰かのお家にお邪魔するみたいな気軽さでニコニコしながらダルシャン会場に入ってこられる。

真っ白な歯を見せながら、出迎えの儀式を行っていた人たちにバラの花束を振りかけて祝福して壇上に上がると、床に額をつけて「至高の存在であるみなさんにひれ伏します」と言われる。

ヒマラヤの洞窟に安住するのでもないし、高みから弟子に命じるのでもなくて、学校や医療施設などを運営しつつ、世界中を飛び回り、自分の最大級のエネルギーを人に与え続ける。飲まず食わずで一晩中繰り広げられる「抱擁」は、ある側面から見たら壮絶’に思えるほどです。肉体的な限界を超えるその行為を目の当たりにすると、誰でもその背後に、無尽蔵に供給されるエネルギーを想像せずにはいられないと思います。その、圧倒的な大きさで贈与される何かを言葉ではないところで感じ、Amma――「お母さん」に抱きしめてもらうためだけに、老いも若きも、マッチョな男性も、バリバリのサラリーマン風情の人も産まれたての赤ちゃんも、ダルシャン、に、訪れます。

そして、アンマは、一人一人を心から「あなたが世界で一番大事」というふうに抱きしめるのです。(もし何も知らない人がこの光景をみたら「異様」だと思うかもしれません。)

 

f:id:akikologue:20180602225058j:plain

アンマのダルシャンその②

「アンマ」のダルシャンについて SNS用に文章にまとめました。

(SNSには様々な理由で個人的な事はあんまり載せてないでありますが…(^^;)

 

アンマのダルシャンその1

 

日本近代の大聖者、弁栄上人が言った「宇宙大霊=大愛」がすべての源にある、という教えは私にとってはとても大きな世界を垣間見させてくれました。そこから見たら、あらゆる信仰の志向するものは同じだし対立が起きようがないものだとあらためて思ったのです。

 

大愛の体現者としかいいようのない、現存する聖者である「アンマ―Amma」のダルシャンに今年も行きました。アンマは高名な聖者ですが、同時代を生きていることと女性であることにおいて、私にとってより特別な存在です。

 

 

f:id:akikologue:20180602224656j:plain

 

初めて行ったのは、2015年7月@ベルサール渋谷。

以前、私は渋谷にある会社に勤めながら踊りを踊っていたのですが、それに限界の行き詰まりを感じ、当時の上司に「出来るだけ早く辞めたいのですが……」「いやいやちょっと1週間考えなさい」のような話をしたその当日、開演に間に合うように、会社をダッシュで飛び出して、タクシーに乗って駆け込んみました。

予備知識ゼロのまま行った「抱擁-ダルシャン」については、あまりにビックリしたので、文章にまとめ、のち、友人が本にも入れてくれました。https://amzn.to/2ByoDvr

以下に抜粋します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年の7月、渋谷に「抱きしめる聖者」と呼ばれる「アンマ」が来日し、3日間のダルシャン(謁見)が催された。

「アンマ」は高名な聖者なのだが、実に私は少し前にジョーティッシュの専門家の方に教えてもらって、はじめて知った。

よく知りもしないのに、何となく会わなくてはならない気がして、仕事を終えた後走ってダルシャンに出かけたわたしは、心底びっくりした。

というのも、あまりに多くの人がいる大きな会場なのに、その場の清浄さと言ったらなかったのだ。

そして、そこでボランティアとして献身的に働いているディボーティ(信奉者)の女の人の美しさと言ったら!

 

席に着くと小さなカップで水が配られた。幸運にも隣に世話焼きの信奉者の男性がいて、いろいろと教えてくださった。

アンマは一晩中、ものすごいエネルギーで人々をひとりひとり抱きしめ、ひとびとの耳元に言葉をささやき続けるという。

一人の例外もなく、抱きしめるのだと。女性は何度かダルシャンを重ねると、皆、第三の目が開いてくるんです、

とその男性は言っていた。わたしは、それは真実だろうと感じた。女の人の美しさをみたらそれは疑いもなくそうだろうと、納得した。

もしあなたがよければ、アンマからマントラを貰ったらいい、といわれた。

 

夜12時を回って私の番がやってきた。アンマに近づくにつれて、わたしはなんだか、どきまぎしてきた。

そして抱きしめられるや否や「ド…」という言葉が私の耳にささやかれ、その瞬間に、頭に違う言葉がはっきり鳴り響いた。

――「娘よ!」

そういわれたのに間違いなかったと思う。

結局マントラはもらわずにパワーに圧倒される形で、会場で買った小さな小さなトゥラシーを抱えて、私はよろよろと帰途についた。

 

インドの旅の途中で、そのトゥラシーがあなたをインドに連れてきてくれたのだと、ある人に言われた。それは、トゥラシーのmercy-恩寵―である、と。

その人はアンマのアシュラムに居たことがあり、彼女は人々の祖国の言葉でダイレクトに語りかける不思議な力があるのだ、とも教えてくれた。

小さくていいから、自分のアシュラムをヴリンダ―ヴァンに建てたい。そのときはトゥラシーだけでまわりを囲みたいと、彼は言った。(引用終わり)

 

*体系的にまとまっていない弁栄上人の著作集を出版しようという運動があります。1000人の署名が集まると法蔵館より出版されるとのこと。本当に読みたいです。

ぜひこちらをご一読ください! yamazakibennei.com/

 

アンマの公式サイト 

amma-rainichi.org

アンマのダルシャン

3日間のアンマのダルシャンに通っています。

アンマのダルシャン(謁見の意味)は
抱擁を意味して、
世界各国で歓迎され
日本ではあまり知名度はないものの
欧米ではものすごいの人がつめかけるらしい。

アンマはほんとの母で、聖者なんだ……と
今年のはいろんな出来事が起きるなかで
感じました。

特にきのうの夜の部は、アンマがなんと3時間の講話とバジャンをし、
恍惚状態で、
クリシュナとラーダーラーニ、シヴァ の御名を呼んでおられて
これはダンスだ、と思ったし
神が来たとしか思えないほどのすばらしいバジャンでした。

前方真ん中の席になってよく見ることができ、ほんとうにすごかったのです。

さらに私は一日めにお渡しした手紙の返答を思わぬ形でいただきました。

ダルシャンは今日までです。
どうぞ、時間のあるかたはぜひ。