日月日誌 hitsuki nisshi  

来し方行くさき今の日誌

月を呼んでごらん?

 

2泊3日(車中泊入れると3泊)で近江神宮行ってきました。

ちはやふるの舞台であります。

 

渋滞に巻き込まれまして、約9時間かけて帰ってきましたよ。

ふー・・・

新宿駅に降り立ったところ、

力が抜けすぎて、もうなんにもできない状態になっておりました。

今日は、PCのまえに、座ることがかろうじてできます。

社会的に機能できるまでには、あと1日はかかると思います。

悪しからず!

 

2015年の冬のこと。

 

わたしは『ヨブ記』という文庫本を隣町の図書館から借りていました。

この頃、人生の暗黒期その2を必死で生きていたわたしは、

必然的に重い本ばかり読んでいました。

ですが、この本はなかなか読み進まず

10ページくらいしか読まないまま期限がきてしまった。

仕方がないので、返却BOXに投函すると、翌朝、

司書の方から、電話がかかってきた。

 

「だめですよ、こんなに濡れていたら、もう貸出できません!

こちらの本、お戻し致しますからご自分で確認なさってください。

そして、新しい本を持ってきていただけますか?」

 
(´゚д゚`)
べ、弁償!?
 
え、私…いつ濡らしてしまったんだろう……

ううむ。

花瓶を倒したり、コーヒーをこぼしたり、洗濯してしまったり

わが身をたたけば、埃はたくさんでてきますので、

絶対やってませんという自信がない。

新宿紀伊国屋書店へ赴き、しぶしぶ新しいヨブ記を買いました。

 

と、その棚の傍に面陳してある緑色の本に目が釘付けになってしまった。

なんなんだろう この対話本、、、

 
なんだか気になるが、タイトルを横目で見ながら、
「んなこたー分かってるんですよ!
それができりゃあ苦労しませんよあんた!」

と一人でツッコミを入れる。

そして、それをぱらぱらめくったところ、 

 

なんだ…これ?

お、お、お、面白~い、、、

まるでこれを買いにきたかのように

レジにもっていってしまってる自分がいた。

まあ、1000円ちょっとの話であるし。

 

が。

 

がーー!!!

 

帰ってCDを聞いたところ……

植原さんの声がはじまると、もう身体がぐわんぐわんと動く。

描写しようがないのだけど、宇宙、というようなものが

たったひとり、の自分を選んで、魂として入ってくるようなイメージが起きてきて

ひとり、というのは、孤独とか、淋しいとかいう「ひとり」ではなくて

ただただ個である自分があるというような感じが湧き上がってきて

そんでもってものすごい涙が出てきた。

 

そして、以後熱を出して2日間寝込みました。

 

これは、思い込みの激しい私個人の体験なので

他の人は全然違うことを感じるとは思うのですが、

個人的にはすごい体験すぎて、よくわからず

迷った末にそれがなにか確かめるべく、

その年の暮れの天皇誕生日の休日に

植原さんのやってる、るん・るに参加。

 (ルンはチベット語で風です。)

 

本が出たばかりだったらしく、

会場にはものすごい数の人Σ(・ω・ノ)ノ!がいましてビビりました。

はじまるやいなや、会場の密度がものすごく濃くなっていくのがわかった。
 
風が渦を巻いて起きてきた。
で、そのあと。
コテンと寝てしまいました(^◇^)
 
終わった後、よく来ている風の女性に
「毎回こんな数の人来るんですか?」ときいてみたところ
 
「いや~、本がでちゃったからね~。参るよね(ノД`)。
でも、まあ、こういうのは一過性のモノぢゃないかな~」
とおっしゃる。 
(それは、事実だった)
 
わたしがこのブログでよく、
高崎の師匠とか、読むことの師匠とか(勝手に)言っているのは
植原センセのことなのですが、
それから、月に1度行こうと自分で決めて
るんるに通うようになりました。
 
とは言っても、月に一度。
しかも、毎度毎度、そんな神秘体験的なことが起きるわけではなく、
むしろ物理的に身体が緩むことによる反応がおきまくり
ものすごくしんどい時期が続きました。
 
知り合いもいませんで、
当時は誰かと仲良くなる気もさらさらなく(すみません)
無言で行き、しんどさに身もだえながら一定時間をへて
重い身体をひきずってとぼとぼとうつむいて無言で帰る。
(だってそれ以外の何ができよう?)
というようなことを繰り返し
そして到達した昨年の同時期
 
踊りの稽古を終えて、夜行バスに乗って翌朝、着き
2日間を終えて東京に戻り、
翌日会社に行った私は、はっとこう思います。
 
「会社やめよう」
 
その翌日、お弁当箱をあらっている上司をつかまえて
「やめます」
と言いました。
 
辞めた後から、体の中に響くるん・るが
全然異なってきました。
そしてあるとき腰が抜けました(^◇^)
以降、身体の軸のありかが全然変わってしまった…
ぜんぜん体得できなかった、踊りの’抜き’も次第にわかってきた。
 
というようなことを経まして
今年何が起こるのか未知でしたが、
ぜんぜん、いま言語化することはできません。
 
だが、地球上には
すごい「仕事」をする人がいるんだと
ほんとうに、ほんとうに、身に染みました。
 
あたしは思うんですけどね。
ほんっとーにすごい人は、ほんっとーにすごい人ぶらないですよね。
ほんっとーにエライ人は、ほんっとーにエライ人ぶらないですよね。
ほんとーにフツーに生きてはりますよ。(なぜか京都弁ですが)
 
エラソーな人でホントにエラかったヒトって
正直ひとりもいらっしゃらなかったです。
マジで。
・・・あたしはほんとにそう思いますよ。
 
まあ、それで。
 
先生「おーつさん、知ってる?月にね『来い!』って呼ぶじゃん。」
 
私「はい」
 
先生「そうすると、来るんだよ」
 
私「え!?」
 
先生「ホラ・・・」(ガラケーの写真を開く)
   「これが、最初の月。」
 
私「はい」
 
先生「それで『来い!』って呼んだあとの月がこれ。」
 
私「うおーーー来てるっ!来てる!!!3歩くらい近づいてる!!!」
 
先生「来るんだよ」
 
私「来ますね」
 
という会話は出来るくらいになりました(爆) 
 
みなさんとも、会話が出来るようにもなりました。
 
東京に戻ってきたわたしは、
はてさて、これからどこへ行くのだろう。
 
もっともっともっと緩んで、
もっともっとぶち壊してやりたいです。
いろいろと。
 
 
 
・・・あ、このエントリー何日かしたら消すかもしれんな(´-ω-`)

never ending journey

早朝仕事の期間を今日で終えました。


文字通りの力試しにくわえ早起き試しでしたが、
ちょっときつかったです…( ;∀;)
が、よく頑張りました。
ちょっとやそっとではへこたれないぞ!!

そして本日はその足で、東京国立博物館へガイド。

ん?
東京国立博物館…?
タイ仏教美術の展示?

Σ( ̄ロ ̄lll)

こ…これは…

試されている。



奇しくも本日、とあるブログを拝読していた私、、、
https://ameblo.jp/ganeshagiri/entry-12292346654.html



シヴァ神がわたくしを試されている!


「仏像を見分ける力がお主にあるのかのう!?」と……


こ、怖い……


・・・ととっさに思いました。





と。


そんなことはなく。


今日は、常設の埴輪とか、琉球の髪飾りとか、勾玉とか、能面とか仏教美術とか、そのようなものを観て帰りました^^;

また、足に障害のある子の学校行事のガイドだったため、 
つまづかないか、よろけて倒れないかひやひやして展覧会どころではなかった………( ̄▽ ̄;)


くだらないお話で恐縮いたします。


さあて。
これからわたくしは、
Coccoのライブに行ってまいるのです。


                   ☆☆☆


Coccoのライブに行ってきました……


とてつもなかったです。


一体何を見ているんだ……と思いました。


なぜか私が唯一持ってない <手の鳴るほうへ> という曲があるのですが、

その曲始まった辺りで’それ’が来た。

たしかに、それとしか言い様のない'それ'がドカンと。


武道館全体が、彼女の息づかいに合わせて、細かく生き物のように動く。うねる。


わたしは放心状態になってしまい、

一緒にいたひとが案じたらしく

「魂がでかかってるよ」とゆりうごしてくれたため、戻ってこれた感じです


というか、、、

……Sさん、あんな素晴らしすぎる席を与えてくださり、ありがとうございます!!!!て、読んでないと思うけど^^;



自分の歌に、人を治したり救ったりする力があると、愚かしくも思ったときがあった

しかし、歌では山は動かせず人は救えないことがわかった

それでも、救われたという手紙がしこたま来るが

それはわたしの力ではなく、うけとるほうに力があるからだということが

わかった


「だから、コウ(Coccoは自分のことをこう呼ぶ)

は他力本願!みなさんは自業自得!!あれ、使い方違うかね~」


さすがは琉球芝居の大御所の孫。定評あるトークにもさらに磨きがかかっていた……


                     ・・・


最後の締めの「有終の美」という歌の節回しは、裏声も完全に琉球の節回しになっており、CDで聴くのと全然異なる印象で、ああ、琉球のお姫様なんだ、でもって唄者(ウタシャ)なんだなとおもいました……


ありとあらゆるものが、いまここで彼女に加勢し、

神は喜ぶ


そのさまを目撃して、

この瞬間は一瞬だが永遠でもあると思ってしまった。


それから、神様だけじゃないよね、いろいろ、聴きに来ていたと、おもい……


どんなにピタリと寄りそったところで、何かとひとつになった気はなかなかしないものだけど、

反面、こんなにすばらしいかたちで交歓は起きる。


そうだ、想いは時空を越える!


綺麗事上等!!


よおし!

勢い余って携帯で更新しちゃうよお~!!


ちょっと遠出をしてまいります!


いま何時・・・?

本日、雨上がりの陽が沈む間際

洗濯物を取り込もうとシャーっとカーテンを開けると

すごいことになっておりました!!

これは見逃してなるものかと、

ダッシュで屋上によじ登りました(よじ登らないといけないため)。

 

f:id:akikologue:20170713194249j:plain

・・・写真だと、微妙なところが映らないですね… 

すんごくきれいなグラデーションだったのですけどね…

見せたかった……

 

高い建物をたててはいけないよ条例のため、

比較的眺望のよい殺風景なこの屋上が私は大好きで、

陽が完全に沈むまで、大の字で空をみていました。

そうすると…昨日ある人と話したことなどが胸に去来して

これまたボロボロ泣けてきます訳です。

・・・いつから私はこのように涙もろくなったのだろうか(^^;

歳かね。

すこし瞑想して部屋に戻りました。 

 

はてさて、そんな私は

非常に沈鬱な1/4月間を過ごしておりました( ;∀;)

なにを隠そう私の場合、

生理前、2日前からの眠気・倦怠感がそれはもう半端なく出ます。

もうそのときは、どんな素晴らしいことを前にしても!!

 

布団があったら寝る。

 

布団がない場合は・・・

今欲しいものは布団だけです他には何もいりません神様、と祈る。

 

そして晴れて布団との邂逅を果たした暁には・・・・

 

コテン

 

です。

コテン。

 

だいたい、自分の場合は

一週間前くらいから、むくみ・倦怠感などの兆候が出始め、

始まれば1、2日程度で嘘のように引いていくので生理痛などはないのですが…

いつまで経っても慣れることのない、月のサイクルです。

 

以前は「コテン」と寝てしまう自分を心の奥の方でいみ嫌ってたし

生理の話題なんて絶対ださねーしと思ってましたが、

そういうのは無くなってきましたし

何というか、まなざしが変わりました。

 

でも、考えてみれば、すごいですよね、文字通りの「コテン」だよ。

この上なく素直なリアクションを褒めたいと思いますよ(´艸`*)

 

しかしそのコテンが10時間以上も続いたうえに、

下手するとコテンじゃなくて、ダウンだったりすることがあるわけで

それだけ、体力を消耗することでもあるのだと思うのと同時に

ああもう少し、規則正しく生活しようと思うのですよね。

 

そういえば先日、アーユルヴェーダの専門の方が…

<ヴァータ>が乱れている人が非常に多いということをおっしゃってました。

ヴァータは風の要素です。

 (アーユルヴェーダでは身体に働きかける

火・風・水のエネルギーを「ドーシャ」と言い、

これらの「ドーシャ」がバランスの取れている状態が、健康状態とする)

 

そして、ヴァータは

「規則性を与えるとすぐに沈静化する」ものらしいのです。

ここで私は「オー!」となりました。

要するに、規則正しい生活をすると、ヴァータの乱れが下がり、

その結果としてもともと個人が持っている

ピッタ(火)もしくは、カファ(水)の要素が現れ始め、

バランスが良くなってくる、というのです。

 

私はインドで脈診してもらったところ、ピッタ・ヴァータ体質らしいのですが、

ピッタの部分が全然見えなくなってる昨今だったので、

ヴァータにもう少し下がってもらおう!

 

ちなみに、10時~2時はピッタの時間です。

この時間に何か新しいことをはじめてしまうと(私はほんとにそうですが)

集中してしまって2時まで眠れません!

 

書きたいことはあふれだしていますが、

これから部屋の整理をして、明日に備えたいと思ってます。

 

だって明日は、、、ムフフ…( *´艸`)

 

種を蒔く

きょうは、遠回りして川沿いを走り、

家にたどり着くまでの距離をながくとって

満月と一緒に走りました。

家について、屋上によじ上り、ひとしきり

わりと涼しい風にあたりつつ、ジャパ、しました。

月が明るすぎるのと、周囲が明るすぎるので、星は全然見えませんが

非常に何か気持ちがくっきり冴えてきてとてもよかったです。

オレンジの大きくてあたたかい満月でした。 

 

ところで。

 

f:id:akikologue:20170707151257j:plain

 

トゥラシーの種を収穫して、一晩水につけて

今日、水が無くなっているのであわてて土に落としました。

芽が、出るかな?

 

 

 

魔法なんて、いらない

今日は自転車のカギをつけっぱなしのまま、

神社の駐輪所に置き去りにしてきてしまいました。

無事に待っていてくれてよかった…。

わたくしは今、あたまのネジがはずれております(^^; 

嫌になるほど分かりやすい自分なのであります・・・

 

そんなこんなである本日。

わたくしは東京都北区十条まで繰り出しました。

実は十条には、若かりし頃1年間程すんだことがあり、

今日のガイドの利用者のかたのおうちは、

私が住んだ家の隣のマンションの方という…

そういう偶然が、ほんっとに多いのです。この仕事で出会う場所と人。

面白いですね。

 

ですが、最近の私は、ほぼ一日トータルすると

この炎天下5,6時間くらいは歩いたり走ったりしてるんじゃないかというほど

歩かざるを得ない日が何日か続き

少々、身体が……( ;∀;)

さらに、身体が満ちてくる満月ですよ。

はるかなるグル・プールニマ…( ;∀;)

・・・まぁ冷房地獄のオフィスにいることに比べたら

100億倍身体的なダメージは軽いのだけど・・・

 

もう今日なんて、頭ガンガンしてしまってですね、、、

今日こそはわたしはもはや無理かもしれない…と心の中で泣いておりました。

がしかし、利用者のかたは、おねえさんとお出かけするんだということで

もう楽しみにまっているわけですので、

一か八かでございます。

とにかく、力を抜き、深呼吸をして、

神さま・・・(神頼み)

すると・・・笑

わたしが観たいと欲していた「メアリと魔女の花」を観るという

運びとなりまして、

そのおかげで、わたしも休息時間をいただきまして

私の頭痛も半減して、なんとか事なきを得ました。

 

メアリ~は、ざっくりいうと

魔女の宅急便風の谷のナウシカ千と千尋の神隠し÷3

(それぞれが薄くなって存在してる感じ)

という感じでありまして、

ん、どこかで観たことが…(すいません)という感じは否めませんで、、、

ただ、クライマックスのあの一言(ネタバレ防止です)はとてもヨカッタです。

 

それにしても、私のあたまがおかしいのかな、

魔女の国の描かれ方が、、、ん・・・シャンバラだ、、、と思

ってしまいました(^^;

ネタばれしてしまうのであれですが(読まないでください)

魔法の呪文の情報がメアリの第三の目に入っていくところとか

湯婆ばを彷彿とさせる校長先生の存在とか

生き物を変容させて収容させておく蔵とか

ロボット兵を彷彿とさせる魔法で動く意思なき兵士とか

アニメってすごいよなあと思います。

 

内容がわからなくても、シーンのインパクトと色彩の美しさで

ガイドしていたの子もこちらがびっくりするほど喜んで見入ってました。

 

子どもの頃に接したアニメは、

ものすごく深いところに潜在するんだろうなと

感じた次第です。

 

アニメ大国日本…

 

それにしても、どうにかこうにか切り抜けられてよかった…

わたしは、各方面からの指摘によりまして、貧血をはっきりと意識し、

この度は体質改善に本腰を入れる決意をいたしました。

もう待ったなしです。

4か月で血流を戻してありあまるようにするという意気込みです。

そのような環境も整ってきつつございます。

 

はあ…でも、今日はもういいや。ほんとうにほんとに

今日がおわれてよかったです。

 

おやすみなさい。

 

 

モノローグ

深度と強度がほしい。今欲しいのはこの2つであります。

生きていると自分の薄っぺらさがわかるのでほとほと嫌になります。

更には自分の弱いところもわかりまくることがあった次第で

自他への入り込み方が弱くて浅い…

もっと深くがっつりといかないとと思いまして

だから、深さと強さはふたつでセットの望みであります。

男気(!)に関しては、同世代の男性には負けない自己評価を持つ私でありますが、

強い女になりたい。…(^^;

 

そのように感じた七夕の日です。

 

みなさん、星に願いをいたしましたか?

 

わたしは今日久々に日記帳を開きまして、日記を書きました。

以前、ブログを書いていなかった頃は頻繁に

ここにろくでもないことを書きまくっていたのですが、

ブログをはじめてから、時間的にどちらかしか無理!となり、

なかなか書かないでいました。

でも、この二つはどうやら機能が違うようですね。

 

「読んでくれる人がいる」ということから貰うエネルギーは素晴らしくて、

(例え何のフィードバックがなくても分かる。フィードバックはさらに嬉しい)

何てありがたい時代に生まれて

すごいツールを使っているんだろうと思います。

家族でも恋人でもないのに

自分の与太話を聞いてくれる人がいる、なんてね。

 

でも、同時に「日記」という独白的なツールの持つ力は

「溜め込んでいく力」なのかな…と思う。

すぐに、言わない。

すぐに、表現できない。

人には、言えないが自分の中にうずいている。

極めて不道徳。

極めて個人的。

間違っているかもしれない見解。

その他もろもろを、何だか知らないが記してしまうことでかろうじて

わかるものもある気がして、

それは自分の中に溜め込んで、あるときにちゃんと昇華できるように

温めるなり凍らすなりしておいた方がいいんだろうな、、、と思いました。

 

強くて深い女になるのに必要なもののひとつは、

溜め込みでありますよ、多分。

言わない方がいいことを、言わないでいられることとか

やらなくていいことをやらない力っていうか

育てていける力というか、でしょうか。

 

そんなこんな、です。が、

 

先日、私をヴリンダ―ヴァンに連れて行ってくれた先生が

体調不良から復帰されたということで、久々にお会いしに行ったのですが…

その際……

わぁ~っとヴリンダ―ヴァンが迫って来るのです。

あの光、あの風、あの甘さ、あの砂嵐、あのピンクの衣、あの気配……!

が、迫って来る。

ヴリンダ―ヴァンに呼ばれてると感じました。

 

もちろん、行ったことがあるから体感としてよみがえってきたのですが

でもそれは、とりもなおさず日々、

ヴリンダ―ヴァンを瞑想している人の近くにいたからに他なりません。

それほどまでに、想いを寄せるということはすごいんだと、感じました。

強い想いを持った人の近くにいるということも、すごいことだと感じました。

強い想いを持った人で居続けるということは、さらにすごいことだと感じました。 

 

その先生はいつも「いつ死ぬか分からない」と口癖みたいにいうのです。

ヴリンダ―ヴァンに居るグルも、御年70代後半で、

やっと出会えたひと(サット・グル)だという

そういう切実さのなかでヴリンダ―ヴァンを想い、生きてることを感じました。


わたしも、いつまで会えるかわからない人に、場所に、囲まれているな。
願わくば、想いを持った人に会いながら
自分もそのようになりたいと思う。
 
できない理由もやらない理由も、いくつでも見つかる。
 
 これからどうしようか?
 
決めればそう動くんだろうし、
そうしてきた、と思うのです。
 
う~ん、
日記にかけばよかったね(^^;
 

sweet two wolves

よおし!

今日は久々に自分で場所を確保して動いてきました!

まず仰向けになって寝転がったら

30分ほど気を失っていました……(=_=)でも、疲れがどっととれました。

合間合間に、短く眠ることは、とてもいいんだろうなって思います。

 

今日はアサナをしっかりとできて満足だし、

太極拳と動きの稽古もまじめにやりました。

でも、好きなアサナばかりやると、

肝心のねじりのポーズを全然やらないんですよね、、、苦手なんでしょうね。

緩ませてあげるとそれなりに捻じれる感じはあるのですが、

もっと、ねじれることも出来る女になりたいと思っております。

あとは、胸の硬さがもう少し取れるといいのですが、、、

これは今の自分にとっては、ひとつの大きな課題です。

 

それから、太極拳を久々に通したのです!!

(ひょんなことから以前スポーツクラブで総合太極拳

すーばらしい先生に出逢いまして(^^;

そのクラブが閉鎖されるまで、通うの楽しくてしょうがなかったデス)

こんなに短時間でチャージ出来るんだから、

毎日やった方がいいな~と改めて思いましたし、

ほんとうは、もっと気功をやるといいんだろうなと思いました。

(推手っていうのも、やってみたかった!)

 

今日は、あと少しの時間、

即興で動いたくらいで終了したのですが…

次の踊りはどんなだろうとどこかで

考え始めている自分がいるのにちょっと驚きました。

<季節は変わる>ので、もう次に行かないと、と…

なにかひとつ、言葉をつかみたい気がします。

 

さて。

 

そんなこんなで帰りの支度をして、施設を出ようとすると…

今日は、剣道(真剣)の稽古をしている団体がいらっしゃり

そこのお師匠さんらしい70代後半くらいのおじいさんが

稽古着で腰かけておられましたが……

背筋がぴーんとしてて清々しくて、非常にカッコイイ(/ω\)

 

もしこういうおじいさまに熱烈にアプローチされたら、

どうするかなと考えました。(爆笑)

 

好き好んでいるわけではないのですが(一応)

いやしかし、世界は広し。

こんなおじいさんだっているんですよ!

https://www.youtube.com/watch?v=MwW9bw7vm8Y

 

嘉手苅おじい…生きた伝説!(もう亡くなったけど)

存在が、もう、風。

 

さらには…こんな最高にチャーミングなウルフ!

https://www.youtube.com/watch?v=Ba5iZj52Vv4

 

ナビィのおじいこと、誠小(セイグヮー)!!

久々にきいたけど、本当に素晴らしいですよ、、、このヒヤミカチ節。

 

いや、それにしもてあり方が真逆なふたりだな(^^;

 

嘉手苅おじいのトークなんてもー声が好きすぎて、ドキドキです。

 

この戦を生き延びた世代は,なんだか別次元にいるように思われますよ。

沖縄戦を経ても絶対サンシンはなさないで、唄ってるんですよね。

(こりゃ、奥さん相当苦労したくちだな(^^;)

 

 ・・・何を隠そう、私は沖縄民謡が大好きなんです。

 

この二人だったらノックアウトかもしれませんよねえ~(´艸`*) ウフフ

 

今日のあじさい

f:id:akikologue:20170705151331j:plain

咲き始めのアジサイのつぼみたちが一斉に、

私も私もさかんばな!って言っててカワイイ。